アフリカ豚コレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフリカ豚コレラ(アフリカ・ぶた(ないしは、とん)・コレラ、African swine fever)とはアフリカ豚コレラウイルス感染によるの熱性伝染病。臨床症状および病理所見は豚コレラと類似する。家畜伝染病予防法における家畜伝染病であり、海外悪性伝染病防疫要領においては海外悪性伝染病の一つである。法定伝染病である。

原因[編集]

African swine fever infected macrophage.jpg

二本鎖DNAをゲノムに持つアスファウイルス科アスファウイルス属のアフリカ豚コレラウイルスの感染を原因とする。宿主は豚とであるが、イボイノシシヤブイノシシカワイノシシでは一般に不顕性感染を示す。本ウイルスの感染細胞は赤血球を吸着し、細胞質内封入体が観察される。

疫学[編集]

1912年ケニアでの発生が最初の報告である。アフリカ大陸のサハラ砂漠以南およびイタリアのサルジニア諸島で常在している。日本での発生の報告はない。豚では経口、経鼻、ダニによる吸血による感染が起こるが、イボイノシシではダニの媒介なしに感染環は成立しないが、豚は感受性が高く、豚から豚への感染が成立する。 アフリカではダニの間でウイルスが保有され、豚に感染する。イタリアではダニを媒介して豚から豚に感染する。

症状[編集]

病型により甚急性、急性、亜急性、慢性に区別される。甚急性型、急性型では発熱、食欲不振、粘血便を示し、脾臓リンパ節の腫大、出血性病変がみられる。甚急性型、急性型では致死率は100%に近く、発症後1週間程度で斃死する。慢性型では皮膚病変、関節炎などがみられる。

診断[編集]

骨髄細胞などを用いてのウイルス分離、PCRによるウイルス遺伝子の検出、ELISAウェスタンブロッティングなどによる抗体検出を行う。臨床症状、病理所見は豚コレラと類似するため類症鑑別の必要がある。

治療[編集]

治療法はない。

予防[編集]

ワクチンは実用化されておらず、対策としては摘発淘汰が最も一般的である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747
  • 原澤亮 「動物ウイルスの新しい分類(2005)」 『獣医畜産新報』 58号 921-931頁 2005年