アフリカワシミミズク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカワシミミズク
アフリカワシミミズク
アフリカワシミミズク
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フクロウ目 Strigiformes
: フクロウ科 Strigidae
: ワシミミズク属 Bubo
: アフリカワシミミズク
B. africanus
学名
Bubo africanus Temminck, 1821
和名
アフリカワシミミズク
英名
Spotted Eagle-owl

アフリカワシミミズク(阿弗利加鷲木莵、学名:Bubo africanus)は、フクロウ目フクロウ科に分類される鳥。

通称名アフワシ[要出典]

分布[編集]

形態[編集]

全長35-45cmと、ワシミミズク属の中では小型。体は全体的に灰色または茶色で、胸部から腹部にかけては縞模様がある。頭部に耳状の羽毛(羽角)を持ち、虹彩は鮮やかな黄色。嘴は黒く、脚と爪はあまり大きくない。 通常足の指は前に2本後ろに2本だが、多少前後に動く為、状況により前3本後ろ1本に見えることもある。

生態[編集]

サバンナオアシス森林などに生息する。

食性は動物食で、昆虫蛛形類爬虫類鳥類、小型哺乳類などを捕食する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]