アフリカトラフサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカトラフサギ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
: アフリカトラフサギ属 Tigriornis
: アフリカトラフサギ
T. leucolopha
学名
Tigriornis leucolopha
Jardine, 1846
和名
アフリカトラフサギ
英名
White-crested Tiger Heron

アフリカトラフサギ(阿弗利加虎斑鷺、学名:Tigriornis leucolopha)は、コウノトリ目サギ科に分類される鳥類の一種である。本種のみでアフリカトラフサギ属を形成する。

分布[編集]

セネガルシェラレオネからザイールアンゴラまでのアフリカ西部の熱帯地域に分布する。

形態[編集]

体長約70cm。雄は、体の上面が黒地にやや赤みがかった黄褐色の横斑が入っている。下胸から腹部にかけては、色が淡くなっている。後頭部に白色の冠羽がある。3対の灰色の粉綿羽区がある。嘴は灰褐色だが、下嘴はやや緑色がかっている。脚は緑がかかった黄色である。雌は全身の横斑が細く密で、体色がより暗く見える。

生態[編集]

熱帯雨林の中の湿地や沼地に生息する。単独か番いで生活する。

魚類両生類甲殻類昆虫類を捕食する。小さな爬虫類を食べることもある。

水辺の樹上に営巣する。1腹1個の卵を産むと考えられており、抱卵期間は29日である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、35頁