アフリカウシガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカウシガエル
アフリカウシガエル
アフリカウシガエル Pyxicephalus adspersus
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : ナミガエル亜目 Neobatrachia
: アカガエル科 Ranidae
亜科 : Pyxicephalinae
: Pyxicephalus
: アフリカウシガエル P. adspersus
学名
Pyxicephalus adspersus Tschudi, 1838
和名
アフリカウシガエル
英名
African bullfrog

アフリカウシガエルPyxicephalus adspersus)は、両生綱無尾目アカガエル科に分類されるカエル。

分布[編集]

アンゴラザンビアジンバブエボツワナマラウイ南アフリカ共和国モザンビーク[1][2]

形態[編集]

体長14-20センチメートル[1]体重1.4キログラム[1]。メスよりもオスの方が大型になる[1]。眼と鼓膜の間の長さが、鼓膜の直径よりも長い[1]。体色は緑褐色や灰緑色で、隆起に沿って淡黄色の筋模様が入る[1]

幼体は体色が明緑色で、明色の筋模様が入る[1]

生態[編集]

食性は動物食で、昆虫サソリ、カエル、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる[1][2]共食いも行う[1][2]

繁殖形態は卵生。オスは降雨後にできた水場に集まり、昼間にメイティングコールを行う[1]。3,000-4,000個の卵を産む[2]。オスは水場の近くで幼生を守り、近づいてきた動物に対して威嚇したり噛み付く[2]。水場が干上がらないように別の水場から幼生のいる水場へ水路を掘って引水することもある[2]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に飼育下繁殖個体が流通する[1]テラリウムで飼育される。全身が漬かれることができ倒されないような頑丈な水容器を用意し、夜間に霧吹きで湿度を上げる[1]。餌はコオロギなどの昆虫を与えるが、大型個体にはピンクマウスなどを与えることもできる[1]。ピンクマウスを与える場合は消化に時間がかかるため、昆虫を与える時よりも給餌間隔を空ける[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル1 ユーラシア大陸、アフリカ大陸とマダガスカル、オーストラリアと周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社2004年、70-71、122-123、141頁。
  2. ^ a b c d e f 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、270頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Alan Channing, John Poynton, Leslie Minter, Kim Howell, James Harrison 2004. Pyxicephalus adspersus. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.1.