アフメト・ニハト・オスマンオウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフメト・ニハト
أحمد نهاد
オスマン家
出生 1883年7月5日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イスタンブルオルタキョイチュラーン宮殿
死去 1954年6月4日(満70歳没)
レバノンの旗 レバノンベイルート
配偶者 ナヴレスタン・ハヌム
子女 アリー・ヴァースブ
父親 シェフザデ・メフメト・セラハディン・エフェンディ
母親 ナズィクナズ・ハヌム
テンプレートを表示

アフメト・ニハト・オスマンオウルオスマン語: أحمد نهاد‎、Ahmed Nihad Osmanoğlu)は、オスマン帝国の帝家であったオスマン家の第38代家長で、帝位(パーディシャーおよびカリフ)請求者(請求期間:1944年 - 1954年)。

生涯[編集]

第33代皇帝ムラト5世とその第1夫人エルル・メヴヒベ・バシュ・ハトゥン(Elru Mevhibe Baş Hatun)との間の長男シェフザデ・メフメト・セラハディン・エフェンディ(Şehzade Mehmed Selahaddin Efendi)皇子と、アルメニア人の第2夫人ナズィクナズ・ハヌム(Naziknaz Hanım)の間にオルタキョイチュラーン宮殿で生まれた。祖母はグルジア人である。トルコの共和制移行に伴い、1924年に他の皇族とともに国外に退去した。1944年アブデュルメジト2世の死去に伴い名目上の皇帝「アフメト4世IV. Ahmet)」を名乗った。1954年にベイルートで死去した。

1902年2月7日にサフィル・ハヌム(Safiru Hanım)を第1夫人とし、間に一人息子アリー・ヴァースブ(1903年 - 1983年)をもうけた。1915年4月10日に第2夫人としたナヴレスタン・ハヌム(Nevrestan Hanım)との間に子供は無い。

先代:
アブデュルメジト2世
オスマン家第38代家長
1944年 - 1954年
次代:
オスマン・フアト