アフターダーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフターダーク
After Dark
著者 村上春樹
発行日 2004年9月7日
発行元 講談社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 288
コード ISBN 4-06-212536-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アフターダーク』(afterdark)は、村上春樹長編小説

概要[編集]

2004年9月7日講談社より刊行された。装丁は和田誠。写真は稲越功一2006年9月15日講談社文庫として文庫化された。キャッチコピーは「新世界へ向かう村上小説」。

作中には村上が表現する、深夜の都会という「一種の異界」が描かれている[1]。全18章において、具体的に23時56分から6時52分まで、一夜の不可逆的な時間軸の出来事として(各章、および物語の中にアナログ時計が描かれ、それぞれの物語の開始の時間を示している)、三人称形式と共に、「私たち」という一人称複数の視点から複数の場面(マリ、エリ、高橋、白川、カオルなどの様子)を捉えつつ物語は進む。しばしばその「私たち」は自意識を持つ語り手となるのが特徴である。

翻訳[編集]

海外では2005年ロシア語訳、2006年にドイツ語訳が出版された。2007年には中国語訳《天黒以後》が出版された。また同年、ジェイ・ルービンの翻訳による英訳版《After Dark》が出版された。

評価[編集]

ニューヨーク・タイムズ』のブック・レビューにおける「2007年注目の本」の小説部門ベスト100に、本書の英訳版が選出された[2]

あらすじ[編集]

何かをやり過ごそうとするように真夜中の街に留まる少女・浅井マリと、静かに純粋に眠り続ける浅井エリ、物語は主にこの二人を巡る視点を軸に展開される。

「私たち」は真夜中のデニーズで、浅井マリがひとり熱心に本を読んでいる姿を見つける。そこに彼女を知る青年・タカハシが声をかけてくる。

一方、暗い部屋の中でひとり眠り続ける、マリの姉エリ。その部屋の片隅にあるテレビが、0時ちょうどになった瞬間奇妙な音を立て始め、そして不可解な映像を映し出す。

登場人物[編集]

私たち
物語の語り手。「肉体を離れ、実体をあとに残し、質量を持たない観念的な視点」(文庫版158ページ、強調は原文)となり、どのような壁も抜け、空間を移動し、物語の場面を捉えることが出来るが、介入することは許されない中立的な存在。
高橋
大学生。法学科所属。ジャズトロンボーン吹きであるが趣味の音楽をやめ、司法試験に専念しようとしている。昔ラブホテル「アルファヴィル」でアルバイトをしていた。右の頬の上に、子どもの頃に負ったという深い傷跡がある。
浅井マリ
大学生。中国語を話すことができる。ボストン・レッドソックスの野球帽にパーカー、スタジアムジャンパーブルージーンズと、男の子のような格好をしている。姉のエリにコンプレックスを抱いており、彼女を「白雪姫」、自分を「山羊飼いの娘」に例えたりする。
浅井エリ
マリの姉。大学生で専攻は社会学。高橋の元同級生。子どもの頃から雑誌のモデルやお稽古事などで忙しく、同じ家に暮らしながらもマリとは疎遠になっている。2ヶ月前から深い眠りについている。
「顔のない男」
深く眠るエリをテレビ画面から見つめる正体不明の人物。顔に半透明のマスクをしている。
カオル
ラブホテル「アルファヴィル」のマネージャー。ホテルで起こったトラブルの為に、中国語ができるマリを頼ってきた。半分は用心棒。昔は女子プロレスをやっていた。
コオロギ
「アルファヴィル」の従業員。関西弁を話す。OLだった過去を持つ。
コムギ
「アルファヴィル」の従業員。
中国人の女の子(郭冬莉【グオ・ドンリ】)
中国の売春組織に身を置く。19歳。あるトラブルにより、白川に殴打され、身包みをはがされて「アルファヴィル」に置き去りにされる。
バイクの男
売春を取り仕切る組織の中国人。ホンダの大型スポーツ・バイクに乗り、白川を執拗に追う。
白川
会社員。中国人の女の子を買春し「アルファヴィル」に行く。

脚注[編集]

  1. ^ 柴田元幸『翻訳教室』新書館、2006年、170ページ。「たとえば『アフターダーク』の中ではお姉さんがわけのわかんない部屋に運ばれていってしまう。それから主人公の女の子自身も闇の中というか一種の異界の中を行く。それは都会の具体的な夜の街なんだけど、一種の異界ですよね。」
  2. ^ 『The New York Times』2007年12月2日電子版

関連項目[編集]