アフターダーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフターダーク
afterdark
著者 村上春樹
発行日 2004年9月7日
発行元 講談社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 288
コード ISBN 4-06-212536-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アフターダーク』(afterdark)は、村上春樹の11作目の長編小説

概要[編集]

2004年9月7日講談社より刊行された。装丁は和田誠。写真は稲越功一。表紙と扉には「afterdark」という英題が記されている。2006年9月15日講談社文庫として文庫化された。

村上は執筆のきっかけのひとつとして、ロベール・アンリコ監督のフランス映画『若草の萌えるころ』(1968年)を挙げている[注 1]

作中には村上が表現する、深夜の都会という「一種の異界」が描かれている[注 2]。全18章において、具体的に23時56分から6時52分まで、一夜の不可逆的な時間軸の出来事として(各章、および物語の中にアナログ時計が描かれ、それぞれの物語の開始の時間を示している)、三人称形式と共に、「私たち」という一人称複数の視点から複数の場面(マリ、エリ、高橋、白川、カオルなどの様子)を捉えつつ物語は進む。しばしばその「私たち」は自意識を持つ語り手となるのが特徴である。

ニューヨーク・タイムズ』のブック・レビューにおける「2007年注目の本」の小説部門ベスト100に、本書の英訳版が選出された[3]

あらすじ[編集]

時刻は真夜中近く。彼女はずいぶん熱心に本を読んでいる。様々な種類の人間が深夜の「デニーズ」で食事をとり、コーヒーを飲んでいるが、女性の一人客は彼女だけだ。

入り口の自動ドアが開き、大きな黒い楽器ケースを肩にかけた若い男が中に入ってくる。「君は浅井エリの妹じゃない?」 彼女は無言だ。男は続ける。「君の名前はたしかユリちゃん」 彼女は簡潔に訂正する。「マリ」

部屋の中は暗い。しかし私たちの目は少しずつ暗さに慣れていく。美しい女がベッドに眠っている。マリの姉のエリだ。部屋のほぼ中央に椅子がひとつだけ置かれている。椅子に腰かけているのはおそらく男だ。

マリに話しかけた男が立ち去ると、金髪の大柄な女が店内に入ってくる。女はマリの向かいのシートに腰を下ろす。「タカハシに聞いたんだけど、あんた中国語がべらべらにしゃべれるんだって?」

女の名はカオルといい、ラブホテル「アルファヴィル」[注 3]のマネージャーをやっている。カオルはマリに通訳を頼みたいという。「アルファヴィル」の部屋では、客に殴られ身ぐるみはがれた中国人の娼婦が声を出さずに泣いている。娼婦の名は郭冬莉(グオ・ドンリ)。マリと同じ19歳だ。

カオルは従業員のコオロギとコムギとともに防犯カメラのDVDを調べ、殴った男の映像を見つけ出す。

「アルファヴィル」の防犯カメラに映っていた男は、同僚たちがみんな帰ってしまったあとのオフィスでコンピュータの画面に向かって仕事をしている。

午前3時。「すかいらーく」でマリが一人で本を読んでいると、高橋が店に現れる。

エリはまだ眠り続けている。

登場人物[編集]

私たち
物語の語り手。「肉体を離れ、実体をあとに残し、質量を持たない観念的な視点[5]となり、どのような壁も抜け、空間を移動し、物語の場面を捉えることが出来るが、介入することは許されない中立的な存在。
浅井マリ
大学生。中国語を話すことができる。ボストン・レッドソックスの野球帽にパーカー、スタジアムジャンパーブルージーンズと、男の子のような格好をしている。姉のエリにコンプレックスを抱いており、彼女を「白雪姫」、自分を「山羊飼いの娘」にたとえる。
浅井エリ
マリの姉。大学生で専攻は社会学。高橋の元同級生。子どもの頃から雑誌のモデルや稽古事などで忙しく、同じ家に暮らしながらもマリとは疎遠になっている。2ヶ月前から深い眠りについている。
高橋
大学生。法学科所属。下の名前はテツヤ。高円寺で一人暮らしをしている。ジャズトロンボーン吹きであるが趣味の音楽をやめ、司法試験に専念しようとしている。昔ラブホテル「アルファヴィル」でアルバイトをしていた。右の頬の上に、子どもの頃に負ったという深い傷跡がある。
「顔のない男」
深く眠るエリをテレビ画面から見つめる正体不明の人物。顔に半透明のマスクをしている。
カオル
ラブホテル「アルファヴィル」のマネージャー。ホテルで起こったトラブルのために、中国語ができるマリを頼ってきた。半分は用心棒。昔は女子プロレスをやっていた。
コオロギ
「アルファヴィル」の従業員。関西弁を話す。元OL
コムギ
「アルファヴィル」の従業員。
中国人の女の子(郭冬莉【グオ・ドンリ】)
中国の売春組織に身を置く。19歳。あるトラブルにより、白川に殴打され、身包みをはがされて「アルファヴィル」に置き去りにされる。
バイクの男
売春を取り仕切る組織の中国人。ホンダの大型スポーツ・バイクに乗り、白川を執拗に追う。
白川
会社員。中国人の女の子を買春し「アルファヴィル」に行く。

登場する文化・風俗[編集]

翻訳[編集]

翻訳言語 翻訳者 発行日 発行元
英語 ジェイ・ルービン 2007年6月7日 Harvill Press(英国)
2007年5月 Knopf(米国)
フランス語 Hélène Morita, Théodore Morita 2007年1月 Belfond
ドイツ語 Ursula Gräfe 2005年11月 DuMont Buchverlag Gmbh
イタリア語 Antonietta Pastore 2008年11月17日 Einaudi
スペイン語 Lourdes Porta 2008年 Tusquest Editores
カタルーニャ語 Albert Nolla Cabellos 2012年9月 Labutxaca
ポルトガル語 Maria João Lourenço 2008年 Casa das Letras
オランダ語 ヤコバス・ウェスタホーヴェン 2006年2月 Atlas
スウェーデン語 Vibeke Emond 2012年3月6日 Norstedts
デンマーク語 Mette Holm 2008年 Klim
ノルウェー語 Ika Kaminka 2007年 Pax forlag
ポーランド語 Anna Zielińska-Elliott 2007年 Muza
チェコ語 Vytváření Tomáš Jurkovič 2007年11月4日 Odeon
ルーマニア語 Iuliana Oprina 2007年 Polirom
セルビア語 Nataša Tomić 2008年 Geopoetika
ロシア語 Dmitry Viktorovich Kovalenin 2005年 Eksmo
リトアニア語 Ieva Susnytė 2009年 Baltos lankos
中国語
(繁体字)
頼明珠 2005年1月21日 時報文化
中国語
(簡体字)
林少華 2007年7月1日 上海訳文出版社
施小煒 2012年2月 南海出版公司
韓国語 任洪彬(イム・ホンビン) 2005年5月 文学思想社
タイ語 นพดล เวชสวัสดิ์ สำนักพิมพ์กำมะหยี่

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ インタビューに対して村上はこう答えている。「一九七〇年くらいにロベール・アンリコの『若草の萌えるころ』という、ジョアンナ・シムカスが主演の映画がありまして。大学時代に見てすごく好きな映画でした。二十歳ぐらいの女の子がパリでひと晩過ごす話。(中略) なぜかビデオが長いあいだ発売されていなかった。それで見ることができなくて、悔しい思いをしていたんだけど。考えてみれば僕は小説家なんだから、『じゃあ自分で同じような話を新しく書けばいいじゃないか』と思った(笑)。ということなんだけど、先週ちょうどDVDが発売されました。もしもっと前に出てたら、違った話を書いていたかもしれないですね」[1]
  2. ^ 村上は次のように述べる。「たとえば『アフターダーク』の中ではお姉さんがわけのわかんない部屋に運ばれていってしまう。それから主人公の女の子自身も闇の中というか一種の異界の中を行く。それは都会の具体的な夜の街なんだけど、一種の異界ですよね」[2]
  3. ^ 2002年、村上は月刊誌『TITLE』の不定期連載記事のために吉本由美と都築響一と共に名古屋市を取材。同記事はのちに『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』(文藝春秋、2004年11月)に収録されるが、そのときの体験が『アフターダーク』のラブホテルの描写のもとになっているという。「名古屋のラブホを取材したとき、従業員の部屋みたいなのがとても面白かったので、それをモデルにして『アフターダーク』のラブホ『アルファヴィル』を描きました。名古屋はラブホと風俗がけっこう充実しています」と村上は述べている[4]
  4. ^ 雑誌発表時の『羊をめぐる冒険』には次のような記述がある(単行本以降は別の表現に差し替えられた)。「海のかわりに埋立地と高層ビルが見えた。まるでジャン・リュック・ゴダールの『アルファヴィル』みたいな眺めだった。」[9]
  5. ^ 村上は読者からの「ゴダールの作品から3つを選ぶとすれば一体何になるでしょうか?」という質問に対し、「僕の好きなゴダール作品は(あくまで個人的に好きだということです)『女と男のいる舗道』『恋人のいる時間』『アルファヴィル』です」と答えている[10]
  6. ^ 村上は音楽評論集『意味がなければスイングはない』(文藝春秋、2005年11月)の中で、スガシカオの「バクダン・ジュース」の歌詞を紹介している。

出典[編集]

  1. ^ 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです文藝春秋、2010年9月、291-292頁。
  2. ^ 柴田元幸翻訳教室新書館、2006年2月、17頁。
  3. ^ 『The New York Times』2007年12月2日電子版
  4. ^ 名古屋市民から抗議されませんか? (2015年2月13日) - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト
  5. ^ 本書、講談社文庫、158頁。
  6. ^ 本書、単行本、29頁。
  7. ^ 本書、単行本、43頁。
  8. ^ 本書、単行本、75頁。
  9. ^ 群像』1982年8月号、75頁。
  10. ^ ゴダール作品を3つ選ぶなら (2015年1月28日) - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト
  11. ^ 本書、単行本、93頁。
  12. ^ 本書、単行本、94頁。
  13. ^ 本書、単行本、107頁。
  14. ^ 本書、単行本、115頁。
  15. ^ 本書、単行本、143頁。
  16. ^ 本書、単行本、199頁。
  17. ^ 本書、単行本、248頁。
  18. ^ 本書、単行本、255頁。

関連項目[編集]

  • レーゼシナリオ - シナリオ形式の文学作品。本作は、カメラワークの指示、地の文がト書き風に現在時制であること、コムギやコオロギらの会話が、シナリオにおける台詞のように話者名がカギカッコ前に冠されている点などがシナリオ風であり、レーゼシナリオに近い。