アフォンソ・ペーナ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフォンソ・ペーナ国際空港
Aeroporto Internacional Afonso Pena
Afonso Pena International Airport
CWB Aerial Panorama 567 02 2009.jpg
空港ターミナル
IATA: CWBICAO: SBCT
概要
空港種別 公共
運営者 Infraero
供給都市 クリティーバ
所在地 パラナ州サン・ジョセ・ドス・ピニャイス
標高 911 m / 2,988 ft
座標 南緯25度31分42.51秒 西経049度10分32.79秒 / 南緯25.5284750度 西経49.1757750度 / -25.5284750; -49.1757750
ウェブサイト Infraero CWB
地図
CWBの位置(ブラジル内)
CWB
CWB
Location in Brazil
滑走路
方向 全長 表面
m ft
11/29 1,800×45 5,905 舗装
15/33 2,215×45 7,267 舗装
統計 (2010年)
利用者数 5,769,712
離発着数 88,220
貨物取扱量 27,064
統計はInfraeroより[1]
出典は空港公式サイトより[2]

アフォンソ・ペーナ国際空港: Aeroporto Internacional Afonso Pena)は、ブラジルパラナ州クリティーバ圏サン・ジョセ・ドス・ピニャイスに所在する国際空港で、ブラジルの南部地域では最大の空港とされる。IATA空港コードは「CWB」。

立地[編集]

クリティーバ市の南およそ14kmの地点に位置し、主に同市へのアクセスに利用される他、パラナ州に隣接するサンタカタリナ州最大の都市で近隣に空港を持たないジョインヴィレにアクセスする際にも利用されている。

パラナ州を通って北のサンパウロ州と南のサンタカタリナ州、リオグランデ・ド・スル州を結ぶ国道376号線(BR376)と、アルゼンチンパラグアイとの国境でもあるパラナ州西端のフォス・ド・イグアスから州内の各種農業・工業地帯を貫通して東部の港湾都市とを結ぶ国道277号線(BR277)との結節点という要衝に位置する空港でもある。

パラナ州自体がアルゼンチン、パラグアイとの国境を抱える位置であるため、近隣国への国際便も発着している。

設備[編集]

ターミナル[編集]

旅客需要の高まりにより、1996年に旅客ターミナルが一新され、3フロアで29,400平方メートルの規模と6つのボーディングブリッジを持つこととなった。各フロアは、1階が到着ロビー、2階が出発ロビーと各航空会社の窓口、3階が店舗など。それ以前の旅客ターミナルは貨物専用となった。

改修後は、旅客数においては2005年実績で年間300万人超というブラジル国内で5番目の規模の空港となった。

この改修においては、徹底した情報化への対応がはかられ、管制塔から発せられた旅客機の運航情報の表示などが各フロアのモニターに即座に表示されるようになるなど、設備としてはブラジルの空港の中でも屈指の近代的なものとなった。

状況[編集]

月の離着陸回数はおよそ5,500回、利用者数は平均で27万人ほど、貨物は2000トンほどの扱いとなっている。

が発生するという問題を抱えており、特に冬の朝は離着陸に支障を来たしている。

空港アクセス[編集]

タクシーや自家用車でのアクセスの他、クリティーバ市との間では市営バスのほか、空港と市内各所を結ぶ民営の専用小型バスが運行されている。 クリティーバ市営のバスは「Linha Direta」による運行のため、最も安価で速く市中心部へアクセスできる。

天皇訪問に際しての出来事[編集]

アフォンソ・ペーナ国際空港と駐機中の日本国政府専用機ボーイング747型機の運用は想定していないため、白っぽい舗装をされた本来の作業エリアから機体がはみ出してしまっている

1997年に日本今上天皇がブラジルを訪問した際、日系ブラジル人が多く在住するパラナ州クリティーバ市も訪問することとなったが、当空港の滑走路はメイン滑走路でも2,200メートルと比較的短く、これは日本国政府専用機のベース機であるボーイング747の運用にあたって通常求められる2,500メートルを満たしておらず、天皇来訪に際しては、着陸後・離陸前の機動において狭い空港内で脱輪などの支障が起きることも含め、空港設備について懸念が持たれていた。そのため、実際の来訪に先立ち予備機も含めた2機の政府専用機を用いて予行演習が行われたというエピソードがある。

この来訪に際しては本番の離着陸でも問題は起きず、日本の政府専用機の巨体は天皇を出迎えたクリティーバ市民と空港関係者を驚かせることとなり、10年を経た今日においても当時を知る空港関係者の間では語り草となっている。

主な就航航空会社[編集]

主な就航路線[編集]

国内線[編集]

ブラジル南部
ブラジル南東部
その他の地域

国際線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]