アフェト・イナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アタテュルクと。1935年

アイシェ・アフェト・イナントルコ語: Ayşe Afet İnan1908年11月29日 - 1985年6月8日)は、トルコの歴史家、社会学者。ムスタファ・ケマル・アタテュルクの養女である。

オスマン帝国下のセラーニク(テッサロニキ)に生まれた。1925年にブルサ女子教員養成大学を卒業し、イズミルの小学校に勤め始める。同年10月にイズミルを訪れたアタテュルクと会い、フランス語を学ぶためスイスローザンヌに送られた。1927年に帰国し、イスタンブールのノートル・ダム・ド・シオン女学院に入学、修了後は中学校の歴史教諭になった。1935年に再びスイスに渡り、ジュネーヴ大学で歴史を専攻。卒業後の1939年に社会学の博士号(PhD)を取得した。1950年にアンカラ大学教授に就任した。

トルコ歴史学会の創設にも携わった。

夫のルファト・イナン、娘のアル、息子のデミールを残し、アンカラで亡くなった。

トルコ歴史学会はイナン家と協同で、隔年でアフェト・イナン歴史研究賞を授与している。

参考文献[編集]

  • Medeni bilgiler ve M. Kemal Atatürk'ün el yazıları, Ankara, Türk Tarih Kurumu, 1969
  • Atatürk'ten yazdıklarım, Ankara, 1969
  • Recherches Sur les Caractéres Anthropologiques des Population de la Turquie, Genève, 1939
  • Türk Amirali Piri Reis'in Hayatı ve Eserleri
  • L'émancipation de la Femme Turque

外部リンク[編集]