アファール盆地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MODIS衛星による、盆地と周辺地域の衛星画像。周りには紅海アデン湾アラビア半島アフリカの角が写っている。

アファール盆地(英:Afar Depression)、またの名をアファール三角地帯Afar Triangle)とも言うこの地域は、アフリカの角の付け根に当り、エリトリアからジブチのダナキル窪地(ダナキル砂漠)、エチオピアアファール州、そしてソマリアの一部にまたがって存在する地溝が形成した盆地である。

多数の化石人類が見つかる場所であるアワッシュ川下流域(en)を含むアファール地域は、ヒト科人類(en)の揺籃のうちの一つとして有名である。 世界最古の石器が発見されたゴナ(en)、アウストラロピテクス・アファレンシスの化石標本であるルーシーが発見されたハダール村(en)などがある。

アファール盆地にはアフリカ大陸で最低標高の地点がある。ジブチに存在するアッサル湖であり、その標高は海面下 155 m ( –500 ft) に達する。盆地の中に存在するダロル窪地(en)は、地球上で年平均気温が最も高い地域のひとつであり、3月から9月にかけての乾期は 48℃(118°F)、最も寒い9月から3月にかけての雨季でも 25℃(77°F) である。アファール三角地帯を流れる川はアワッシュ川(アワシュ川)だけであり、下流の湖ほど塩分濃度が高くなる。降水量が少なく、広範囲が砂漠地帯(アファール砂漠)となっている。

アファール盆地は、アフリカの大地溝帯ヨルダン渓谷紅海と連なる中東の地溝帯、インド洋中央海嶺につながるカールスバーグ海嶺の3つが接し、地質学上アファール三重点(en)とも呼ばれ、お互いに離れるようにして広がっている地域である。地質学的には非常に隆起活動が活発な地域であり、世界的に珍しく平地で地面の拡大が起こっている。陸上として世界で最も低い場所に噴火口を持つダロル火山をはじめとした多数の火山断層も存在している。将来もアファール盆地は拡大を続け、数百万年後には海水が流入して海となり、紅海とつながって次第に東西に拡大していくだろうと考えられている。

出典[編集]

Roland Pease (2005年12月8日). “Geologists witness 'ocean birth'”. BBC science unit, San Francisco. 2005年12月11日閲覧。 Anthony Mitchell(AP通信) (2005年12月10日). “Scientists say new ocean in formation in Ethiopia”. NewMexican. 2005年12月11日閲覧。 AP通信 (2005年12月10日). “New Ocean Forming In Africa”. CBS NEWS. 2005年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯11度30分 東経41度00分 / 北緯11.5度 東経41.0度 / 11.5; 41.0