アピチャートポン・ウィーラセータクン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アピチャートポン・ウィーラセータクン
อภิชาติพงศ์ วีระเศรษฐกุล
อภิชาติพงศ์ วีระเศรษฐกุล
2010年撮影
生年月日 1970年7月16日(43歳)
出生地 バンコク
国籍 タイの旗 タイ
職業 映画監督
脚本家
映画プロデューサー
活動期間 1993年 - 現在

アピチャートポン・ウィーラセータクンอภิชาติพงศ์ วีระเศรษฐกุล, Apichatpong Weerasethakul, 1970年7月16日 - )は、タイ映画監督映画プロデューサー脚本家、美術家。チェンマイを拠点に映画やビデオ映像、写真を制作する。愛称は、ジョー (Joe)[1]

経歴[編集]

1970年7月16日タイバンコクに生まれる。両親は医者で、コーンケン県の病院で働いていた[2]1993年短編映画『Bullet(原題)』で監督デビュー。

1994年コーンケン大学で建築学士号を、1997年には留学先のシカゴ美術館附属美術大学で美術・映画製作の修士号を取得。

1999年には映画製作会社キック・ザ・マシーンを設立。2000年、初の長編映画『真昼の不思議な物体』を発表。

2002年の『ブリスフリー・ユアーズ』は第55回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、同部門のグランプリを受賞した。 また、第3回東京フィルメックスでも最優秀作品賞を受賞している。

2004年の『トロピカル・マラディ』は第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、審査員を受賞。第5回東京フィルメックスで2作連続となる最優秀作品賞を受賞した。また、カイエ・デュ・シネマの2004年の映画トップ10の第1位に選出されている。

2006年、『世紀の光』が第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

2010年の『ブンミおじさんの森』は第63回カンヌ国際映画祭タイ映画史上初めてとなるパルム・ドールを受賞。審査員長のティム・バートンは「我々は映画にサプライズを求めている。この映画はそのサプライズを多くの人々にもたらした」と語った。

2011年には母校のシカゴ美術館附属美術大学より名誉博士号を授与。

2012年の『メコン・ホテル』は初の英語で製作された作品となった。第65回カンヌ国際映画祭のスペシャル・スクリーニングで上映され、第13回東京フィルメックスでも特別招待作品として上映された。

2013年、第24回福岡アジア文化賞芸術・文化賞を受賞[3]

主な監督作品[編集]

  • 真昼の不思議な物体 ดอกฟ้าในมือมาร/Mysterious Object at Noon (2000年)
  • ブリスフリー・ユアーズ สุดเสน่หา /Blissfully Yours (2002年)
  • アイアン・プッシーの大冒険 หัวใจทรนง/The Adventure of Iron Pussy (2003年)*共同監督マイケル・シャオワナーサイ
  • トロピカル・マラディ สัตว์ประหลาด/Tropical Malady (2004年)
  • 世紀の光 แสงศตวรรษ/Syndromes and a Century (2006年)
  • ブンミおじさんの森 ลุงบุญมีระลึกชาติ/Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives (2010年)
  • メコンホテル Mekong Hotel (2012年)

和名問題[編集]

アピチャートポン・ウィーラセータクンについては、日本語のカタカナ表記が乱立した。美術作品のエージェントであるトモ・スズキ・ジャパン(東京)によると、2007年に来日した際、本人の同意を得て「アピチャッポン・ウィーラセタクン」で統一作業を行っていると主張している。しかし、日本人の名前と同様、タイ人の名前は意味ある語彙の集合によって形成されるため、アピチャート(อภิชาติ「高貴な血筋」)、ポン(พงศ์「子孫」)とすでに確立された日本語表記がある[4]。また、「アピチャッポン・ウィーラセタクン」では短母音と長母音の表記が混同されて使用されており、表記上の不備が多い。そのため、国際交流基金東京外国語大学等では、「アピチャートポン・ウィーラセータクン」の名称が使用されている[5]。ただ、国際交流基金は、2009年に開催した上映会「国際交流基金アジア映画ベストセレクション」以降、展覧会の後援も含め、アピチャッポン・ウィーラセタクンと表記している。

脚注[編集]

  1. ^ [1] -IMDb > Biography for Apichatpong Weerasethakul
  2. ^ Rithdee, Kong (July 28, 2006). Everything is illuminated, Bangkok Post (retrieved July 28, 2006).
  3. ^ http://fukuoka-prize.org/laureate/prize/cul/apichatpong.php
  4. ^ 富田竹次郎「タイ日大辞典」東京:日本タイクラブ・メコン、1997年
  5. ^ http://www.jpf.go.jp/j/culture/media/domestic/movie/kantoku10.html

外部リンク[編集]