アビゲイル・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アビゲイル・ウィリアムズ
Abigail Williams
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州 フェニックス (1期)
オハイオ州 クリーブランド (2期)
ニューヨーク州 ニューヨーク (3期)
カリフォルニア州 ロサンゼルス (4期)
ワシントン州 オリンピア (5期)
ジャンル シンフォニックブラックメタル
メロディックブラックメタル
メタルコア (最初期)
活動期間 2004年 - 2007年
2007年 - 2012年
2012年 -
レーベル キャンドルライト・レコード
アヴァロン・レーベル
公式サイト Official Facebook
メンバー
ケン・ソーセロン (ギターボーカル)
イアン・ジェケリス (リードギター)
ジェフ・ウィルソン (ギター)
旧メンバー
コナー・ウッズ (ボーカル)
ビョーン・ダノヴ (ギター)
ブラッド・リフス (ギター)
マイケル・ウィルソン (リードギター)
マーク・コズバック (ベース)
カイル・ディッキンソン (ベース)
トーマス・ヘイウッド・ジュニア (ベース)
グリフィン・ウィタワ (ベース)
ジェイムス・ユングマン (ベース)
ブライアン・オサリヴァン (ベース)
アシュリー・ユルゲマイヤー (キーボード)
クリステン・ランドール (キーボード)
アラナ・ポトクニック (キーボード)
ザック・ギブソン (ドラムス)
アンディ・シュローダー (ドラムス)
サム・ポーリセリ (ドラムス)
ケン・ベディン (ドラムス)
アラン・キャシディ (ドラムス)

アビゲイル・ウィリアムズ (Abigail Williams)は、アメリカ合衆国フェニックス出身のシンフォニックブラックメタルバンド。アビゲイル・ウィリアムズの由来は、セイラム魔女裁判の切っ掛けとなった人物に由来する。

バンドメンバーの入れ替えが多く、中心メンバーのケン・ソーセロン以外のメンバーは流動的である。更に、バンドの本拠地の移転が多く、現在まで4回の移転を行っている。また、2度の解散を行っているが、いずれも1年と経たず再結成している。

略歴[編集]

アリゾナ州フェニックスにおいて、2004年末に、ケン・ソーセロン (G)によって結成[1]。結成からしばらくは、メンバーが固定されず、多くのメンバー変更が起こっている[1]。結成初期は、当時アメリカで隆盛しつつあったメタルコアを演奏していた[1]。その後、バンドはインターネット上でデモ音源を公開した。これがきっかけとなって、イギリスの大手レーベルキャンドルライト・レコード」と契約することとなった。契約と前後して、メンバーが大幅に変わり、ケン・ソーセロンがボーカルも兼任するようになった。ちなみに、このネット上の音源は、後にファンが勝手に『Gallow Hill』というEPにまとめるという事件が発生している[1]2006年には、エンペラーカリフォルニア公演で共演[1]。更には、スーサイド・サイレンスらとイギリスツアーを共にしている[1]。2007年初めには、ダーク・フューネラルエンスレイヴド北米ツアーにも参加している[1]。これらのツアーの最中に、1stEP『Legend』をリリースしデビューしている。実際は、フルアルバムをリリースする予定だったが、曲数をそろえることができず、EPとしてのリリースとなった[1]。『Legend』時点でのメンバーは、ケン・ソーセロン (Vo, G)、ビョーン・ダノヴ (G)、ブラッド・リフス (G)、カイル・ディッキンソン (B)、アシュリー・ユルゲマイヤー (Key)、ザック・ギブソン (Ds)の6名であった。しかし、2007年初めのツアー終了後に活動を停止し、解散する[1]

解散後、ケン・ソーセロンはマイケル・ウィルソン (G)とトーマス・ヘイウッド・ジュニア (B)と共に新バンドを立ち上げる[1]。しかし、このバンド自体は短命に終わり、この3名を中心にアビゲイル・ウィリアムズが復活する。復活後には、解散時のメンバーの内、ビョーン・ダノヴ (G)、ザック・ギブソン (Ds)が復帰、新たにクリステン・ランドール (Key)が加入した。また、再結成に際して活動拠点をオハイオ州クリーブランドに移している[1]。復活から間もなく、クリステン・ランドールとザック・ギブソンがバンドを離れ、アシュリー・ユルゲマイヤー (Key)が復帰している。ドラムスについては正式メンバー加入が遅れ、1stアルバムレコーディング開始時には、正式メンバーはいなかった。そのため、1stアルバムの楽曲の多くに、元エンペラーのタリムがセッション・参加した[1]。また、この間にサム・ポーリセリ (Ds)が加入。1stアルバムの数曲をサムが担当した[1]2008年に1stアルバム『In the Shadow of a Thousand Suns』をリリースした。リリース後、活動拠点をニューヨーク州ニューヨークへと移転[1]。その後、2009年までにケン・ソーセロン以外の全メンバーが脱退。ケン・ベディン (Ds)、アラナ・ポトクニック (Key)、イアン・ジェケリス (G)が加入し、4人体制となる。また、ケン・ソーセロンがボーカル、ギター、ベースを兼任するようになる。しかし、2009年中にアラナは脱退し、3人体制となった。キーボードはケン・ソーセロンがさらに兼任することになった。この間に、1stシングル『Watchtower』、2ndシングル『Malediction』をリリース。3人体制のまま、2010年に2ndアルバム『In the Absence of Light』をリリース。

2011年にケン・ベディンが脱退。ザック・ギブソン (Ds)が復帰し、並行してアラン・キャシディ (Ds)も加入。また、グリフィン・ウィタワ (B)が加入。しかし、グリフィン・ウィタワは短期間で脱退し、ジェイムス・ユングマン (B)が加入。更にジェイムスも短期間で脱退し、ブライアン・オサリヴァン (B)が加入した。2012年に3rdアルバム『Becoming』をリリース。ただし、このアルバムでは、ほとんどの楽曲でベースをケン・ソーセロンが担当している。同年7月に解散を発表[2]。しかし、短期間で再結成。また、アシュリー・ユルゲマイヤー (Key)が加入する[3]が、2013年にはアラン・キャシディ、アシュリー・ユルゲマイヤーとブライアン・オサリヴァンが脱退した[4]。同年に、ジェフ・ウィルソン (G)が加入した[5]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

時期によって、ベースキーボードなどを担当することもあるなど、担当楽器はかなり流動的である。
ロード・マンティスでも活動。
アビスマル・ダウンでも活動。
  • ジェフ・ウィルソン (Jeff Wilson) - ギター (2013-)
ナクトミスティアムウォルフハンマーでも活動。

旧メンバー[編集]

  • コナー・ウッズ (Connor Woods) - ボーカル (2005-2006)
  • ビョーン・ダノヴ (Bjorn "Bjornthor" Dannov) - ギター (2005-2007, 2008-2009)
  • ブラッド・リフス (Brad Riffs) - ギター (2005-2006)
  • マイケル・ウィルソン (Michael "Mike" Wilson) - リードギター (2006-2007, 2007-2009)
  • マーク・コズバック (Mark Kozuback) - ベース (2005-2006)
  • カイル・ディッキンソン (Kyle Dickinson) - ベース (2006)
  • トーマス・ヘイウッド・ジュニア (Thomas "Plaguehammer" Haywood Jr.) - ベース (2007-2009)
  • グリフィン・ウィタワ (Griffin Wotawa) - ベース (2011-2012)
  • ジェイムス・ユングマン (James Jungmann) - ベース (2012)
  • ブライアン・オサリヴァン (Bryan O'Sullivan) - ベース (2012-2013)
  • アシュリー・ユルゲマイヤー (Ashley "Ellyllon" Jurgemeyer) - キーボード (2004-2007, 2007-2008,2012-2013)
クレイドル・オブ・フィルスでも活動。
  • クリステン・ランドール (Kristen Randall) - キーボード (2007)
  • アラナ・ポトクニック (Alana Potocnik) - キーボード (2009)
  • ザック・ギブソン (Zach Gibson) - ドラムス (2006-2007, 2007, 2011-2012)
ザ・ブラック・ダリア・マーダーでも活動。
  • アンディ・シュローダー (Andy Schroeder) - ドラムス (2006)
  • サム・ポーリセリ (Sam "Samus" Paulicelli) - ドラムス (2008-2009)
  • ケン・ベディン (Ken Bedene) - ドラムス (2009-2011)
  • アラン・キャシディ (Alan Cassidy) - ドラムス (2011-2013)
ザ・ブラック・ダリア・マーダーでも活動。

ディスコグラフィ[編集]

  • 2006年 Legend (EP)
  • 2008年 In the Shadow of a Thousand Suns
  • 2009年 Watchtower (Single)
  • 2010年 Malediction (Single)
  • 2010年 In the Absence of Light
  • 2012年 Becoming

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 渡辺清之 (2009年). “イン・ザ・シャドウ・オヴ・ア・サウザンド・サンズ” (日本語) (CDライナー). 「In the Shadow of a Thousand Suns」. アビゲイル・ウィリアムズ. 日本東京都新宿区: アヴァロン・レーベル. MICP-10827. 
  2. ^ https://www.facebook.com/abigailwilliamsofficial/posts/435921323106149?stream_ref=10 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ https://www.facebook.com/abigailwilliamsofficial/posts/485150891516525?stream_ref=10 2014年3月31日閲覧。
  4. ^ https://www.facebook.com/abigailwilliamsofficial/posts/532069050158042?stream_ref=10 2014年3月31日閲覧。
  5. ^ https://www.facebook.com/abigailwilliamsofficial/posts/673512699347009?stream_ref=10 2014年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]