アバター・オブ・マーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アバター・オブ・マーズ
Princess of Mars
監督 マーク・アトキンス
脚本 マーク・アトキンス
原作 エドガー・ライス・バローズ
火星のプリンセス
製作 デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮 デヴィッド・リマゥイー
音楽 クリス・ライデンハウア
撮影 マーク・アトキンス
配給 アサイラム
公開 2009年
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

アバター・オブ・マーズ』(Princess of Mars)は、エドガー・ライス・バローズ1917年SF小説火星のプリンセス』に基づいて、2009年に独立系映画スタジオアサイラムが製作したアメリカ合衆国の映画作品で、オリジナルDVD作品として供給された。この映画の宣伝素材の中では、原作小説がジェームズ・キャメロン監督の『アバター』にも部分的に影響を与えていることが述べられている。同じ原作小説に基づく作品としては、2012年の大作映画『ジョン・カーター』があり、混同しないよう注意を要する。ヨーロッパでは、『The Martian Colony Wars』という別タイトルで発売された。

映画『アバター』と小説『火星のプリンセス』を混ぜた内容で作られたモックバスター英語版である[1]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・カーター アントニオ・サバト・Jr. 落合弘治
デジャ・ソーリス姫 トレイシー・ローズ 弓場沙織
タルス・タルカス マット・ラスキー 金光宣明
サブ・サン チャコ・ヴァダケス 永野善一
ソラ ノエル・ペリス 梨花まゆり
カントス マット・レーガン 岩田安宣

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]