アノーイング・オレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Annoying Orange
ジャンル 喜劇
アニメーション
ドタバタ
製作者 Dane Boedigheimer
脚本 Spencer Grove
Dane Boedigheimer
Robert Jennings
ディレクター Dane Boedigheimer
Robert Jennings
Kevin Brueck
声の出演 Dane Boedigheimer
Robert "Bobjenz" Jennings
Kevin Brueck
Aaron Massey
Justine "iJustine" Ezarik
Kevin "Nalts" Nalty
Various guest stars
音楽 Dane Boedigheimer
The Convictions
Emma Kenny
Event Banditt
Kevin McLeod
iLife Sound Effects
アメリカ合衆国
言語 英語
話数 173 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 Dane Boedigheimer
Aaron Massey
Kevin Nalty
プロデューサー Kevin Brueck
放送時間 1分~6分
製作会社 Gagfilms
番組販売会社 Google
放送
放送局 YouTube
放送期間 2009年10月9日 – 現在
年表
関連番組 The High Fructose Adventures of Annoying Orange
外部リンク
ウェブサイト

アノーイング・オレンジ」(原題"The Annoying Orange")[1]は、アメリカ人のデーン・ボーディグハイマー(英語 Dane Boedigheimer)らがYouTubeに発表中の一連の喜劇作品(英語)。[2]

2012年よりアメリカ合衆国のカートゥーンネットワークでこの喜劇作品を基にしたテレビシリーズ『ANNOYING ORANGE アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険』(en:The High Fructose Adventures of Annoying Orange)が放送されている。 2013年、テレビシリーズ版の日本語版DVDがポニーキャニオンよりリリースされた。この時の吹き替え版のキャスティングはニコニコ動画に投稿されたアノーイング・オレンジの非公式日本語版のキャストが基になっている。 またこれより前の、2012年8月6日に放送された世界まる見え!テレビ特捜部で原作が紹介された[3]

内容[編集]

それぞれ一話完結の短編作品である。話の内容は、一般家庭の台所で、擬人化されたキャラクターである主人公の「オレンジ」が、他の擬人化された食材を相手に早口でジョークをまくしたて、相手をイラつかせる。両者のかけあいの末、相手が唐突に「ナイフ」(包丁)で切り刻まれて絶叫する、というパターンが多い。その他、日本のホラー作品「リング」のパロディーである「オニオン・リング(The Onion Ring)」および「呪いのオニオン・リングのビデオテープ(The Cursed Onion Ring Tape)」や、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のパロディー「チラー(Chiller)」などのパロディ動画やゲームの実況等、番外編的な作品もある。

歴史[編集]

  • 第一話のアップロードは2009年10月9日で、当初のYouTubeでのチャンネル名は「Daneboe」だったが、視聴回数が11,000,000回を越えた時点でチャンネル名は「The Annoying Orange」と改題された。
  • 視聴回数10億回突破記念作品「Annoying Orange: Comedy Roast! 」が、2012年1月27日にYouTubeにアップされた。
  • ボーディグハイマーと脚本担当のスペンサー・グローブが、カートゥーン・ネットワークとも契約。2012年中に放送開始。

登場人物[編集]

日本語表記は主に称されているものを書いておく。

主要人物[編集]

オレンジ(Orange)

主人公。兎に角喋る事が好きで、話し相手がいないと退屈そうにする(実際にはオレンジがほぼ一方的に話している場合が殆どである)。 戦闘力は高く、種を吐いて狙撃したり、唇を震えさせ、その振動で物を共振させて破壊したりできる。 手は無いが何故か道具を使用できる(この事は他のほぼ全てのキャラクターに共通する)。 初期の作品では英語版の声は低めだったが、後に高めの声になっている。

洋ナシ(Pear)

オレンジの友人。初期の話では各回の最後にちらっと出て一言喋るだけだったが、やがてメインキャラとなった。落ち着いた性格で、時々オレンジに便乗することもある。

グレープフルーツ(Grapefruit)

初登場時に包丁に切られて死亡しているが、何故か後に復活している。 オレンジより二回りほど大きく、デブ等と罵られているが本人は「俺はスクワットが得意で筋肉質」などと述べている。

じじいレモン(Grandpa Lemon)

グループフルーツ同様、初登場時に包丁に切られて死亡しているが、何故か後に復活している。 寝ている事が多く、聴覚や痛覚が鈍い(その為か寝ている時に半分に切断されたにも関わらず、そのまま眠り続けていたことがある)。 なお、日本語版DVDではレモンじいちゃんという名前になっている。

パッションフルーツ(Passion Fruit)

初登場時にオレンジが一目惚れしたが、彼女自身はオレンジの口の悪さに辟易しており、上記のグレープフルーツも含めて「男運がない」などと嘆いていた。

禿リンゴ(Midget Apple)

体の小ささがコンプレックス。"Midget"と呼ばれるのを好んでおらず、"Little Apple"と呼んでほしいと思っている。 話によっては魔法等によって大きくなることがあるが、いずれの場合も魔法を使っているキャラが死んだ時等に元の大きさに戻ってしまう。 アサルトライフルの使い手で、たまに使用する姿が見られる。

マシュマロ(Marshmallow)

ユニコーンを母とするらしい。子どもっぽい性格をしていて、声も高く、よく"I love unicorns!"(ユニコーン大好きだよ!)と言う。性別は不明。 実はヤンデレで、怒らせたり泣かせたりすると大惨事を起こす。

その他の人物[編集]

リンゴ(Apple)

第一話でオレンジに散々苛立たされたあげく、包丁に切られてしまう。 2012年にオレンジ一行がブリトーとタイムマシンで2009年に戻った時にオレンジと洋ナシの会話から自分が切られることを予測して、包丁を回避して歴史が変わり、2012年に戻ったら彼がリンゴだけの帝国を築いていたということがある(ただしその後オレンジ達が歴史を修正した)。なお、他の作品でも別のリンゴが何度か登場するが、あまり話さないうちにすぐに包丁で切られることが多い。

包丁(Knife)

主に各回の終盤でキャラが切り刻まれる時に登場する。映ることは殆どないが片面に顔がついており会話が可能。自らは切り刻むことを好んでいないが、使用者が半ば乱暴に扱うこともあり、オレンジ達でさえも話しかけられると絶叫する(ただし最初だけで、その後は普通に会話をしたりする)。砥石を恐れている。ちなみに、他の包丁仲間も登場したことがある。

ズーム(Zoom)

架空のエナジードリンク。飲むとその人のテンションが異常な程高くなる。 この他、「ズィップ(Zip)」という別のエナジードリンクも登場する。

ネヴィル(Nerville)

テレビ番組『アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険』より登場した人間。番組中唯一果物や野菜たちと会話ができ(ただし他にも果物や野菜と会話ができる人間は登場しているため、彼固有の能力かどうかは不明)、オレンジたち果物を食べたりせず友人として扱うため、周りの人間からは変人だと思われている。ただし、他の人間へ果物を売ることはある。

テレビシリーズ[編集]

2012年5月28日にアメリカ合衆国のカートゥーンネットワークで先行放送が行われ[4]、2012年6月11日から本放送が行われている。 アメリカ合衆国のレーティングはTV-PGで、カナダではPG、オーストラリアではPGである。 原作はデーン・ボーディグハイマーが務めるほか、トム・シェパードも参加する。ボーディグハイマーの運営するギャグフィルムズ、マネージメント会社のThe Collective[5]、アニメスタジオ 14th Hour Productionsが制作を行う[6]。 Youtube版同様、有名な作品をパロディした回が多い[7]

日本では『ANNOYING ORANGE アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険』というタイトルでポニーキャニオンよりDVDが出ている。日本語版DVD発売記念として、AKB48/NMB48のメンバーである市川美織が応援隊長を務めた[7]

制作[編集]

2010年4月、ボーディグハイマーは、アノーイング・オレンジのテレビ版の制作を開始したことを明かし[8][9]、同年10月初期エピソード6話分のスクリプトを完成させたことを明かした[10]。 2011年2月、パイロット版の撮影が開始され、6~7か月の時間を費やして完成した[11]。 ボーディグハイマーが番組の放送についてカートゥーンネットワークと話し合った結果[12] 、2011年11月18日に番組の企画が通った[13][14][15][16][17]

サブタイトル[編集]

話数
(通算)
話数 サブタイトル 原題
第1シーズン
1 惑星マシュマリア Marshmalia
2 キャプテン ブラッドオレンジ Captain Blood Orange
3 騎士ジュースアロット Sir Juice-A-Lot
4 野菜ゾンビ  Night of the Veggie Zombies
5 フルーツ合衆国建国の父 Founding Fruits
6 フルーツべンジャーズ Fruit Vengers
7 博士の果汁な愛情~ドクター ストレンジプラム~ Dr. Strange Plum
8 がんばれペアーズ~バッド ニュース ペアーズ~ Bad News Pears
9 フルーツプレーン! Fruit Plane
10 フルーツの青春~ザ ローズ オブ フルーツブッシュ~ The Lords of Fruitbush
11 ボーイズ&ガールズ Boys vs. Girls
12 ミクロフルーツの決死圏 Fruitastic Voyorange
13 新・グレープの惑星 Escape from the Planet of the Grapes of Wrath
14 オレンジを追え Follow the Bouncing Orange
15 スパゲティ ウェスト Spaghetti West
16 フルーツ街の悪夢~悪夢へようこそ~ Welcome to My Fruitmare
17 アノーイングキューティー Annoying Cutesie
18 お店が閉店する日 The Day the Store Stood Still
19 ジェネリックホリデースペシャル  Generic Holiday Special
20 オレンジキャロル Orange Carol
21 オレンジ ザ レッド Orange the Red
22 オレンジベルト Orange Belt
23 フルーツ時代 When Fruit Ruled the Earth
24 ポップスター Pop Star
25 フルーツ・スピード The Fast and the Fruitious
26 フルーツフォーマー Trans.Fruit.Bots

スタッフ[編集]

  • 原作:デーン・ボーディグハイマー、トム・シェパード
  • 脚本:トム・シェパード、ルーク・バラッツ
  • 監督:デーン・ボーディグハイマー、スペンサー・グローブ他
  • 主題歌:テラバイト"He's Orange!"
  • 音楽:ランドール・クリスマン、ショーン・パターソン

DVD[編集]

いずれもポニーキャニオンより発売。

  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ キャプテン ブラッドオレンジ編
2013年12月4日発売。
  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ フルーツの青春編
2013年12月4日発売。
  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ ミクロフルーツの決死圏編
2014年2月4日発売。
  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ アノーイングキューティー編
2014年2月4日発売。
  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ フルーツ時代編
2014年3月4日発売。
  • ANNOYING ORANGE ~アノーイングオレンジの胸やけ気味な大冒険~ フルーツフォーマー編
2014年2月4日発売。

脚注[編集]

  1. ^ 原題を直訳すると「うざったいオレンジ」もしくは「迷惑なオレンジ」。ニューズウィーク日本語版2012年1月25日号掲載の記事「子供が熱狂!新アニメ「ウザいオレンジ」」では「ウザいオレンジ」と訳されている。これまでネット上の日本語表記では「・」無しの「アノーイングオレンジ」や、「KY・オレンジ」「うざいオレンジ」などの非公式の訳題が多かった。
  2. ^ Now Playing on a Computer Near You: A Fruit With an Obnoxious Streak
  3. ^ 世界まる見え!テレビ特捜部のバックナンバーより
  4. ^ The Surprising Rise of 'Annoying Orange'”. Adweek (2012年1月27日). 2012年2月12日閲覧。
  5. ^ Brenna Ehrlich (2011年4月15日). “Popular YouTube Series Annoying Orange Moves to TV”. Mashable. http://mashable.com/2011/04/15/annoying-orange-tv/ 2011年5月1日閲覧。 
  6. ^ Meagan Keane (2013年7月12日). “Kappa Studios switches to Adobe workflow to create Cartoon Network’s Annoying Orange series”. 2012年2月12日閲覧。
  7. ^ a b 市川美織/フレッシュレモンが、アノーイングオレンジに”. 月刊HiVi (2013年12月 6日). 2014年2月14日閲覧。
  8. ^ Fowler, Geoffrey A. (2010年4月26日). “Now Playing on a Computer Near You: A Fruit With an Obnoxious Streak”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703404004575198410669579950.html?mod=WSJ_hpp_sections_tech#articleTabs%3Darticle 2010年4月28日閲覧。 
  9. ^ Martineau, Chantal (2010年4月26日). “Annoying Orange Seeks to Irritate a Wider Audience via Television”. The Village Voice. http://blogs.villagevoice.com/forkintheroad/archives/2010/04/annoying_orange.php 2010年4月28日閲覧。 
  10. ^ Hustvedt, Marc (2010年10月5日). “Tubefilter News About Job Board Streamy Awards Meetup Contact Advertise Tubefilter on YouTube! Twitter Subscribe Email 'Annoying Orange' Fans Rule in Engagement, TV Show In Works”. tubefittler news. 2011年12月21日閲覧。
  11. ^ デーン・ボーディグハイマー (2012年1月13日) (英語). Daneboe Live #1: ROCK!. http://www.youtube.com/watch?v=HASpDFlkz6Q 2012年10月13日閲覧。 
  12. ^ Wei, William (2011年2月17日). “The Annoying Orange From YouTube Is Looking For A TV Deal, Already Talking With Major Network”. Business Insider. 2011年12月28日閲覧。
  13. ^ 'The Annoying Orange' rolls to Cartoon Network”. The Los Angeles Times (2011年11月17日). 2011年11月18日閲覧。
  14. ^ Branes, Brooks (2011年11月18日). “'Annoying Orange' Parlays YouTube Success Into a TV Series”. The New York Times. 2011年11月18日閲覧。
  15. ^ Franich, Darren (2011年11月18日). “The Annoying Orange will become a TV series on Cartoon Network”. Entertainment Weekly. 2011年12月22日閲覧。
  16. ^ Goldberg, Lesley (2011年11月17日). “Cartoon Network Orders 'Annoying Orange' Comedy Series”. The Hollywood Reporter. 2012年4月20日閲覧。
  17. ^ Grahma, Jefferson (2012年1月25日). “YouTube hit 'Annoying Orange' now set for TV”. Chicago Sun-Times. 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]