アネガダ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アネガダ島

アネガダ島 (Anegada) とは、カリブ海イギリス領ヴァージン諸島にある島。

ヴァージン諸島の一番北にあり、面積38km²でトルトラ島に続いて、イギリス領ヴァージン諸島の中では2番目に大きな島である。 ヴァージン諸島唯一、島全体が平坦の島である。島の西部は塩水沼で大きく占められており、1999年5月よりラムサール条約登録湿地の一つとなっている。中心地はザ・セトルメント(The Settlement)である。人口は僅か200人ほどで、観光客も少ない島だが、自然のままの美しい白浜のビーチがあり、ヨットの停泊地として発展している。島には空港(Auguste George Airport)もある。

1493年クリストファー・コロンブスがヴァージン諸島を発見した時、アネガダ島のリーフで躓き、船員が石灰岩のサンゴ礁からスペイン語で"溺れる島"を意味するAnegadaと名付け、それが現在の島名となっている。アネガダ島のサンゴ礁のリーフは船乗りからして見て危険で多くの船が難破していたと言う。

外部リンク[編集]

座標: 北緯18度44分 西経64度20分 / 北緯18.733度 西経64.333度 / 18.733; -64.333