アニー・ジャンプ・キャノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニー・ジャンプ・キャノン

アニー・ジャンプ・キャノンAnnie Jump Cannon1863年12月11日 - 1941年4月13日)はアメリカ合衆国の女性天文学者である。現在も使われている恒星の分類法を確立し、膨大な数の天体の分類を行った。

デラウェア州のドーバーに造船業者、州議会議員の娘に生まれる。母親は天文学に興味を持っており、アニーもその血を受けついだ。1880年に当時の女性のための学校としては最もレベルの高いマサチューセッツ州ウェルズリー大学に進んだ。マサチューセッツの気候により病気になり、聴力をほとんど失うことになった。1884年に物理学の学位を得て帰郷するが、聴覚の問題もあり、社会的な活躍をすることなく暮らした。1892年に日食の撮影にヨーロッパに旅するが、状況はほとんど変わらなかった。1893年に母親が死ぬとウェルズリー大学の恩師サラ・ウィティングに依頼して、助手に採用され、天文学を学ぶ機会を得る。分光学の技術を学び、写真技術に習熟した。さらに天文学を学ぶためにハーバード大学のラドクリフ・カレッジに進み1896年ハーバード大学天文台エドワード・ピッカリングの助手に雇われた。1907年、修士号をウェスレー・カレッジから得た。その後キャノンはハーバード天文台で働き、始め変光星の観測と分類を行った。1911年に写真技術の技官となった。1900年頃のハーバード大学では、スペクトル型による星の分類が行われており、エドワード・ピッカリングと助手のウィリアミーナ・フレミングによって、水素スペクトルの強さによって、A、B、C、・・・というように22種類に分けられたが、その物理的な意味は明確ではなかった。キャノンは、色温度が天体の特徴であることに注目し、現在も使用されている分類法 O, B, A, F, G, K, Mの形に再編した。1915年から1924年にかけてヘンリー・ドレーパーカタログは刊行され、キャノンは225,300の恒星を分類した。キャノンの分類法は1910年までには標準的な分類法となった。

キャノンは天体のスペクトル写真を目で分類し、助手が記録するという方法で、見やすい場所では1分間に3個ほどの速さで分類することができた。1922年に6ヶ月間ペルーハーバード観測所に派遣され、南半球の星の写真を撮影した。帰国後、ヘンリードレイパー拡大カタログHenry Draper Extension Catalogueの作成に取り組み、カタログは1929年、1936年、1949年に刊行された。

1931年に全米科学アカデミーからヘンリー・ドレーパーメダルを受賞した最初の女性となり、1934年から彼女を記念して、女性天文学者に贈られたアニー・J・キャノン賞が創設された。後進の女性天文学者のための奨学金として賞金の大部分を寄付した。

生涯を通じて300の変光星と5個の新星と、2重星を発見した。また、350,000個の星の分類をおこなった。