アニメドキュメント ミュンヘンへの道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニメドキュメント ミュンヘンへの道
ジャンル ドキュメンタリー
アニメ
監督 大隅正秋
アニメーション制作 日本テレビ動画
放送局 TBS
放送期間 1972年4月23日 - 1972年9月24日
話数 全16話(特別編1話)
テンプレート - ノート

アニメドキュメント ミュンヘンへの道』(アニメドキュメント ミュンヘンへのみち)は、1972年4月23日から8月20日、および特別編として同年9月24日不二家の時間TBS)で放送されたドキュメンタリーアニメーションを一体化させた番組である。

概要[編集]

番組はバレーボール日本代表が、ミュンヘンオリンピック(同1972年)へ向けて取り組む様をチーム全体、あるいは選手個々のエピソードを交えて取り上げたもので、エピソード部分はアニメーション、また練習の模様などは実写映像を使って放送された。

当時、日本オリンピック委員会はアマチュア選手のテレビ出演を厳しく規制していたこともあって、選手エピソード部分についてはアニメーションを利用したものと考えられている。

原作は小泉志津男[1]:著「嵐と太陽」(日本文化出版)および松平康隆:著「負けてたまるか!」(柴田書店)。

松平康隆監督の声優は小林昭二が担当した。毎回、猫田勝敏南将之森田淳悟横田忠義大古誠司ら、チーム全員12人を主役としてストーリーを編み、当時の日本バレーボール界をリードした選手がもちろん実名で登場している。

当時の実写フィルム映像は、のちに2013年3月NHK BS12014年3月にNHK総合テレビジョンで放送された「ヒーローたちの名勝負・ミュンヘンの軌跡 男子バレー金メダル」で一部紹介されている。

解説[編集]

1971年タツノコプロ制作、日本テレビで放映した「アニメンタリー 決断」に次ぐ格好であるが、「決断」は太平洋戦争を題材にした歴史ものだったが、「ミュンヘンへの道」はこれとは対照的にオリンピックに関連した同時進行ドキュメントであった。

「松平ニッポン」(松平康隆監督率いるバレーボール日本代表チーム)が、本当に金メダルを取れるのか、視聴者はドキドキ、ワクワクしながら、五輪や前哨戦の大会を連動して見ることで、メディアミックスの走りともいえる演出効果を果たした。

日テレの「決断」が、最終回はプロ野球読売ジャイアンツ監督、川上哲治を取り上げた「川上監督の決断」であったように、同時進行ドキュメントの強さを発揮して、実写版の「金メダルへの道」を期待したが、ごく普通の内容で、拍子抜けしたバレーボールファンも少なくなかった。

なお9月に放映された「特別編」はミュンヘン五輪で見事金メダルを獲得したことを記念して急遽製作された「総集編」的作品であった。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ミュンヘンへの道」
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - ハニー・ナイツビクターレコード
挿入歌 - 「燃える青春」
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - ハニー・ナイツ(ビクターレコード)

漫画[編集]

  • 週刊少女コミック 1972年5月7日号(19号)-8月13号(33号)吉森みきを
  • 小学一年生 1972年7月号-9月号 吉森みきを
  • 小学二年生 1972年7月号-9月号 丹治道雄
  • 小学三年生 1972年7月号-9月号 五十嵐幸吉
  • 小学五年生 1972年7月号-9月号 江原伸
  • 小学六年生 1972年7月号-9月号 上山ひろし

脚注[編集]

  1. ^ スポーツ紙記者を経てイトーヨーカ堂女子バレーボール部最高顧問を務め、『アタッカーYOU!』『ドン・チャック物語』の原作も手がけた。
TBS 不二家の時間
前番組 番組名 次番組
アニメドキュメント
ミュンヘンへの道