アニマックス中央ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アニマックス中央ヨーロッパ(アニマックスちゅうおうヨーロッパ、元A+/Anime+)はハンガリールーマニアスロバキアチェコで夜に放送されているテレビチャンネルである。ポーランドで2010年から24時間放送のチャンネルをスタートさせた。番組はハンガリーとチェコで主に吹き替えで、他の国では字幕を付けて放送されている。

歴史[編集]

2004年12月4日からA+と言う名前で放送開始。日勤帯にはMinimaxという放送を行っているチャンネルにて毎日 20時から放送されていた。最初のコンセプトは日本のアニメだけを中心にすることであったが、実際にはアメリカのアニメも放送された。

2006年9月6日にソニーがA+を買収し、2007の夏に名称をアニマックスに変更、2007年7月2日に放送開始。放送時間はA+時代と同じように夜8時から午前2時までとなっている。以降、各曜日毎に以下のように別々のジャンルのアニメを放送するようになる。

  • 月:少年
  • 火:SF
  • 水:少年
  • 木:元:推理、今:少年
  • 金:ロマンチック

このシステムは番組の変化を確保するため設立されたが、2009年に『名探偵コナン』が低視聴率により木曜日の推理ブロックから少年ブロックに変更された。そのあと放送された番組は少年向けのアニメであった。かつてハンガリー・テレビ(MTV)で放送されていた攻殻機動隊のアニメシリーズはアニマックスのSFブロックでも放送されていたが、視聴率はあまり高くなかった。そのため今後も劇場版攻殻機動隊を放送する予定はない。

一番人気がある番組はRTLKlubにて第113話まで放送された『犬夜叉』でアニマックスでは第53話から第104話まで放送されている。2011年に犬夜叉完結編がスタートする予定であるが、その前に元のシリーズを第105話から第167話まで放送する予定である。

2009年7月、外部の圧力により、重役会は少年向けチャンネルとして、アニメのほかにリアリティ番組であるアメージング・レースとニュース番組であるズームの放送開始を決定。2009年9月より、天保異聞以外、アニメの字幕放送を終了。同時にBeing HumanとReaperという欧米のドラマシリーズの放送を始めた。さらに最近では、毎月の最後の週末にさまざまな映画を放送する傾向がある。2010年に世界各国のアニマックスにてニュース番組のキューブもスタート。

アニマックスで放映されているアニメの一部はAXNSci-Fiというアニマックスの兄弟チャンネルでも放送されている。

放送タイトル[編集]

日本のテレビアニメ[編集]

日本の劇場版アニメとスペシャル[編集]

日本のドラマシリーズ[編集]

  • ハチミツとクローバー 2010年4月23日

日本の劇場映画[編集]

  • デスノート 2009年1月24日
    • デスノート the Last name 2009年1月25日

欧米のドラマシリーズとスペシャル[編集]

アメリカの劇場映画、テレビスペシャル[編集]

リアリティ番組[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]