アニエス・ジャウィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニエス・ジャウィ
Agnès Jaoui
アニエス・ジャウィAgnès Jaoui
2006年カンヌ国際映画祭にて
生年月日 1964年10月19日(49歳)
出生地 オー=ド=セーヌ県アントニー
国籍 フランスの旗 フランス
配偶者 ジャン=ピエール・バクリ

アニエス・ジャウィAgnès Jaoui1964年10月19日 アントニ - )は、フランス映画監督脚本家女優である。夫は俳優のジャン=ピエール・バクリ。37歳の最年少で永年功労賞であるルネ・クレール賞を受賞したことで知られる。

来歴・人物[編集]

1964年10月19日、フランスのパリ郊外オー=ド=セーヌ県アントニーで生まれる。サイコセラピストの母とマーケティングコンサルタントの父を持つ。パリの名門リセ・アンリ四世校を卒業、20歳までイポカーニュに通う。その後コンセルヴァトワールで歌唱のコースを選択、つづいて、テアトル・ナンテール・アマンディエの演劇学校でパトリス・シェローに師事した[1]

1983年、19歳のとき、ポール・ブジュナー監督の『Le Faucon』で女優としてデビューした。1993年、29歳のとき、フィリップ・ミュイル監督の『キッチンでの出来事』で出演するとともに脚本を初めて書き、2000年、36歳のとき、『ムッシュ・カステラの恋』で監督業に進出。つねに夫バクリと組むユニットで脚本を執筆している。

2001年、フランスの国立学術団体アカデミー・フランセーズが授与する永年功労賞であるルネ・クレール賞を、夫バクリとともに史上最年少で受賞した。監督も務めた『みんな誰かの愛しい人』でカンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞。また、セザール賞の脚本賞も4回受賞している。

フィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ BiFiのAgnès Jaouiのバイオグラフィを参考にした。

外部リンク[編集]