アナンディーン・アマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナンディーン・アマル
Анандын Амар
Anandyn Amar2.jpg
アナンディーン・アマル

任期 1928年2月21日1930年4月27日

任期 1932年7月2日1936年3月22日

任期 1936年3月22日1939年3月7日

出生 1886年
清の旗 、トゥシェトゥ汗部右翼右末次旗
死去 1941年7月10日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR (1937-1954).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
政党 モンゴル人民革命党

アナンディーン・アマルモンゴル語: Анандын Амар光緒12年(1886年) - 1941年7月10日)は末から人民共和国期にかけてのモンゴルの政治家。モンゴル人民共和国人民委員評議会議長(2期)、人民小会議幹部会議長などを歴任した。

生涯[編集]

トゥシェトゥ汗部(現在のボルガン県ハンガル)に生まれる。清朝期は地方官吏、ボグド・ハーン政権期は役人として出仕、1923年に人民党に入党。1923年から1929年にかけて外務、経済、内務各省の国務大臣や副首相を歴任し、特に1928年から1930年、1936年から1939年には人民委員評議会議長(首相職に相当)を、1932年から1936年まで人民小会議幹部会議長(大統領職に相当)を務めた。

ソ連ヨシフ・スターリンは1937年以降モンゴルの指導部に対する粛清に着手、アマルは1939年にその対象とされ、1941年に刑死した。