アナンガ・ランガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナンガ・ランガ1172年頃に書かれたインドの性技マニュアルであり、『カーマ・スートラ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされる。この本は特に夫婦の別離を防ぐ目的で書かれた。著者はカルヤーナマラである。

この書はしばしばカーマ・スートラと比べられる。アナンガ・ランガの一部はカーマ・スートラから取られている部分もある。

最も知られた英語版は、リチャード・フランシス・バートンによる1885年の翻訳である。

内容[編集]

(バートン訳『アナンガ・ランガ』からの日本語訳)

  • 第1章: 女性の4階級の考察
  • 第2章: 女性における情熱の様々な源について
  • 第3章: いろんな男女について
  • 第4章: 一般に考えられている、女性の性質、特質、気質などの記述
  • 第5章: いろんな土地における女性の特質
  • 第6章: Vashikaranaの扱い方
  • 第7章: 男性および女性における様々な兆候について
  • 第8章: 愛撫法
  • 第9章: いろんな体位における楽しみ方
  • 付録1: 結婚に関連する占星術
  • 付録2: (死んでしまうかもしれない、もしくは治療法として全く効果の無い、またはその両方である、いろんな錬金術法の考察)―愛の妙薬(惚れ薬)など

外部リンク[編集]