アナログスイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナログスイッチとは、入力された信号の状態に応じて回路のオン/オフの切り換えを行う電子部品の一つである。トランスミッションゲートとも呼ばれる。

一般的には、FETによる実装が知られている。この場合、異なるチャネルのFETを対称形に接続することにより、制御用信号の極性を問わない双方向動作を実現することができる。

高速動作が可能で、集積回路の内部に多数の回路を組み込むことができるため、計数(カウンタ)回路、マルチプレクサ、デジタル-アナログ変換回路CCDイメージセンサ等に用いられる。アナログスイッチを単独のパッケージに組み込んだ標準ロジックICの製品もある。

FET以外による実装では、バイポーラトランジスタフォトカプラサイリスタソリッドステートリレーなどが必要に応じて用いられる。

関連項目[編集]