アナポリス 青春の誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナポリス 青春の誓い
ANNAPOLIS
監督 ジャスティン・リン
脚本 デイヴ・コラード
出演者 ジェームズ・フランコ
タイリース・ギブソン
ジョーダナ・ブリュースター
音楽 ブライアン・タイラー
編集 フレッド・ラスキン
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
公開 2006年1月27日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アナポリス 青春の誓い』(アナポリス せいしゅんのちかい)は、2006年のアメリカ映画。米国メリーランド州アナポリス海軍士官学校[1]を舞台とした青春映画。日本劇場未公開。

配役[編集]

あらすじ[編集]

造船所で働くジェイクの元に、海軍士官学校からの補欠合格通知が届く。準備不足が懸念される中、彼は迷わず幼い頃からの憧れである士官学校へ入校する。指導にあたるのは海兵隊出身のコール中隊長、バートン少佐、そして上級生[2]のアリはジェイクが入校前夜バーで売春婦と勘違いして声をかけた女性その人だった。ジェイクと同室となったのは、優等生のルー、エストラーダ、そして肥満気味のツインズだった。

精神的・肉体的に厳しい生活の中で、まずエストラーダが落伍する。ジェイクも迷いながら帰省するが、父:ビルや友人とのすれ違いを痛感し、士官学校へ戻る。ジェイクはツインズと励まし合い、勉学に、ボクシングに邁進し、いつしか仲間達からも一目置かれ、強い絆で結ばれていく。ジェイクは階級を上げ、ブリゲード大会(全校ボクシング大会)でコールを倒すことを目標にする。アリも特訓に協力し、互いに恋心を抱くようになる。

一方、ツインズは障害物走をゴールするも規定の数秒遅れだったために退学を言い渡される。故郷の期待を背負っていた彼は、ついに投身自殺を図る。校内が騒然とする中、ジェイクはコールに飛びかかる。処分決定は保留され、ジェイクは父や民間の友人たちも見守る中、ついにブリゲード大会決勝でコールと対戦する…

脚注[編集]

  1. ^ 日本において慣例的に「海軍兵学校」と訳されることが多いが、陸・空士官学校同様「Academy」である。
  2. ^ 彼女の肩の階級章は士官候補生(Midshipman)のものである→file:USN Midshipman Insignia.png

関連項目[編集]

外部リンク[編集]