アナベル・ラングロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif アナベル・ラングロワ
Anabelle Langlois
Figure skating pictogram.svg
Anabelle LANGLOIS Cody HAY Skate Canada 2009.jpg
2009年スケートカナダでのラングロワとヘイ
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: 1981年7月21日(33歳)
出生地: カナダ グラン=メール
身長: 149 cm[1]
体重: 45kg[1]
パートナー: コディ・ヘイ
元パートナー: パトリス・アルケット
コーチ: リー・バーケル
振付師: デヴィッド・ウィルソン
元振付師: ニコライ・モロゾフ
所属クラブ: CPAハル
引退: 2010年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 179.97 2010 バンクーバー五輪
ショートプログラム: 64.20 2010 バンクーバー五輪
フリースケーティング: 115.77 2010 バンクーバー五輪

アナベル・ラングロワ=ヘイフランス語: Anabelle Langlois-Hay, 1981年7月21日 - )は、カナダ出身の女性フィギュアスケート選手。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックペアカナダ代表。パートナーは夫でもあるコディ・ヘイパトリス・アルケット

経歴[編集]

ケベック州のグラン=メールに生まれ8歳のころスケートをはじめた。当初はパトリス・アルケットとペアを結成した。

2002年四大陸フィギュアスケート選手権で2位、2002年ソルトレイクシティオリンピックに出場し12位。同年の2002年世界フィギュアスケート選手権で10位となる。翌2003年世界フィギュアスケート選手権は5位、2004年世界フィギュアスケート選手権8位。2004-2005年シーズンをもってアルケットとのペアを解散、新たにコディ・ヘイとペアを結成した。

2007年世界フィギュアスケート選手権10位。

2007-2008年シーズン、地元カナダで開催されたスケートカナダで4位。2戦目のNHK杯では5位となったが、2008年カナダ選手権では初優勝を飾った。

2008-2009シーズンは自身の怪我により、試合に出場することができなかった。2009-2010シーズン、カナダ選手権で2位となりバンクーバーオリンピックの出場。ショートプログラムとフリースケーティングの両方でパーソナルベストを更新する演技を披露し、目標である10位以内の成績を収めた。

2010年に現役引退を表明した。

2013年3月28日、ヘイとの間に女児が誕生した。[2]

主な戦績[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2009-10
冬季オリンピック 9
世界選手権 10 8 10
四大陸選手権 6 7
カナダ選手権 4 3 1 2
GPスケートカナダ 4 4 4
GPNHK杯 5
GPロシア杯 棄権
GPスケートアメリカ 4
ネーベルホルン杯 3
シェーファー記念 2
大会/年 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05
オリンピック 12
世界選手権 10 5 8
四大陸選手権 6 2 4 5
カナダ選手権 9 6 3 3 2 2 3
GPファイナル 6 4
GPスケートカナダ 3 3 4 4
GPエリック杯 4 棄権
GPNHK杯 棄権 3 2
GPスケートアメリカ 2

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月23日-24日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 12
54.40
10
100.32
10
154.72
2010年2月14日-15日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 7
64.20
9
115.77
9
179.97
2010年1月15日-16日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 1
65.47
2
117.95
2
183.42
2009年11月20日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 4
55.52
4
104.43
4
159.95
2009年9月24日-25日 2009年ネーベルホルン杯[3]オーベルストドルフ 3
57.48
5
98.13
3
155.61


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 9
59.43
7
105.24
8
164.67
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 1
62.73
2
112.28
1
175.01
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 5
54.24
4
91.09
5
145.33
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 4
53.98
4
102.69
4
156.67


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 13
55.96
9
104.05
10
160.01
2007年2月7日-10日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 5
56.15
7
96.11
7
152.26
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 3
55.36
2
107.63
3
162.99
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 3
55.86
4
97.77
4
153.63


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年1月23日-29日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 4
50.98
6
92.24
6
143.22
2006年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 2
56.70
5
101.66
4
158.36
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ 4
51.68
5
91.08
4
142.76
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアルウィーン 2
50.92
3
90.37
2
141.29


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 3
58.85
3
104.07
3
162.92
2004年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
49.58
- 棄権
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファックス 4
57.38
3
110.32
4
167.70


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 8 8 8
2004年2月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 5 5 5
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUグランプリファイナルコロラドスプリングス 4
54.86
3
111.04
4
165.90
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 4
55.62
2
113.44
2
169.06
2003年11月14日-16日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ 4
54.04
3
106.44
4
160.48
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 3
64.12
4
104.78
4
168.9


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 6 5 5
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 4 4 4
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 4 3 3
2002年10月31日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 3 3 3
2002年10月23日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカスポケーン 3 2 2

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2009–2010 魅惑のワルツ
作曲:フィリッポ・マルケッティ
グランド・キャニオン
作曲:ファーディ・グローフェ

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.olympic.ca/en/athletes/anabelle-langlois/
  2. ^ The Inside Edge: New beginnings, grateful ends
  3. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]