アナフィラキシー低速反応物質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナフィラキシー低速反応物質(: slow reacting substance of anaphylaxis;SRS-A)とはロイコトリエンC4(LTC4)、D4(LTD4)、E4(LTE4)の複合体。肥満細胞炎症を含むアナフィラキシー反応でSRS-Aを分泌する[1]。SRS-Aは好塩基球でも認められる。

SRS-Aは緩慢な平滑筋収縮を誘導し、喘息における主要な気管支収縮物質である.[2]

脚注[編集]

  1. ^ Dorland's Medical Dictionary”. 2006年12月15日閲覧。
  2. ^ Howard R. Morris, Graham W. Taylor, Priscilla J. Piper, John R. Tippins. “Structure of slow-reacting substance of anaphylaxis from guinea-pig lung”. 2006年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]