アナトール・アブラガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナトール・アブラガムAnatole Abragam1914年12月15日 - 2011年6月8日)はフランス物理学者核磁気共鳴の分野で業績をあげ、『Principles of Nuclear Magnetism (Oxford)』の著者である。

ロシア帝国ラトビアで生まれたが家族とともにフランスに移る。ソルボンヌ大学で学ぶが第二次世界大戦の軍務の後、École Supérieure d'Électricité で学び、オクスフォード大学で学位をえる。

1960年から1985年の間、コレージュ・ド・フランスの教授である。アカデミー・デ・シアンス会員。

受賞[編集]