アナクレオン体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナクレオン体(-たい、またはアナクレオン律Anacreontics)とは、恋愛と酒について歌う気楽な抒情詩小品のことを指す。名前の由来は古代ギリシア詩人アナクレオン(Anacreon)である。

この語が英語にはじめて現れたのは、エイブラハム・カウリー1656年に使った時だった。カウリーは自分の詩のある部分を「anacreontiques(アナクレオンティック)」と呼んだ。それらがアナクレオンが書いたとされるものを、ギリシャ語韻律に近い方法で、パラフレーズしたものだからという理由である。

その半世紀後、この詩形が大いに洗練された時、ジョン・フィリップス(en:John Phillips (author))が、アルカイオン体の詩行は「韻の音量(音節の母音の長短)のいかなる法則にも縛られず、7音節から成っていればいい」という恣意的な決まりを定めた。

18世紀、古物研究家のウィリアム・オールディス(en:William Oldys)は完全なタイプのアルカイオン体の小品を作った。

"Busy, curious, thirsty fly,
Drink with me, and drink as I;
Freely welcome to my cup,
Could'st thou sip and sip it up.
Make the most of life you may;
Life is short and wears away."
(注:各行が7音節で押韻は「AA BB CC」になっている)

1800年、トマス・ムーア(en:Thomas Moore)が典型的なアルカイオン体の性愛詩集を出版した。ムーアは、なぜアナクレオン体がしばしば単調で無益なのかの理由として、「アナクレオンが軽くあしらったように見える気取らない容易さ」を押さえる必要性を説いた。さらにムーアは「芸術的なアナクレオン体」を書くことのばからしさ、しかし何人ものギリシアのキリスト教詩人たち(とくにナジアンゾスのグレゴリオスダマスカスのヨハネ)が見せた妙技を強調した

参考文献[編集]

関連項目[編集]