アドルフ・ヴィークルンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・ヴィークルンド
Adolf Wiklund
基本情報
出生 1879年6月5日
スウェーデンの旗 スウェーデン、キルケボル
死没 1950年4月2日(満70歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
ジャンル ロマン派国民楽派
職業 ピアニスト指揮者作曲家

アドルフ・ヴィークルンドAdolf Wiklund (1879年6月5日 - 1950年4月2日)はスウェーデンピアニスト作曲家指揮者

生涯[編集]

ヴェルムランド県、セフレ市、キルケボル[1]に生まれた。兄のヴィクトール(Victor)の影響を受け、12歳で作曲とピアノを始めたが、オルガニストであった父は息子を16歳の時にエスクリスツーナ((enスウェーデン語発音: [ˈɛskilsˈtʉːna] )の工科大学に入学させる[2]。その後、許しを得て1897年ストックホルム音楽大学に入学、1901年にオルガニスト、音楽教師として卒業した後、ヴィークルンドは奨学金を得てスウェーデンで、また後にはパリでピアノを学んだ。彼はクララ・シューマンの弟子であったリチャード・アンダーソン(Richard Andersson)にピアノを、ヨハン・リンデグレン(Johan Lindegren)に対位法を学んだ[2]。しかし、最も強く影響を受けたのは8歳年長のヴィルヘルム・ステーンハンマルからであった。ステーンハンマルはヴィークルンドにブルックナーシベリウスの作品を勧め、二人は作品について語りあった[2]

彼は1902年に自作の「コンサートスティッケ ハ長調 Konsertstycke Op.1」を弾いて、ピアノのソリストとしてデビューを果たした。1911年以降、彼は主に指揮者として活動する。彼は1911年から1924年スウェーデン王立管弦楽団(en)の常任指揮者となり、1923年にはスウェーデン王立歌劇場芸術監督、さらに1938年まではストックホルムコンサート協会の主席指揮者を務めた[3]

1950年4月2日、ストックホルムにでこの世を去る。

ヴィークルンドの作品はロマン派国民楽派の様式をとる。彼の後期作品には印象派の影響も垣間見える。彼は多作な作曲家ではなかったが、その作品は重要なスウェーデンの音楽であり続けている。彼の作品には2つのピアノ協奏曲(第1番 Op.1と第2番 Op.17)、交響詩「夏の夜と日の出 Sommarnatt och soluppgång」、交響曲が1曲、ヴァイオリンソナタが1曲ある[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 訳注:該当地域へのリンク - セフレ市(en)(市庁所在地セフレ)、キルケボル(sv)(de
  2. ^ a b c Hyperion records The Romantic Piano Concerto, Vol. 57 – Wiklund
  3. ^ Adolf Wiklund pages at Swedish Music website
  4. ^ Bertil Wikland, "Adolf Wiklund". The New Grove Dictionary of Music and Musicians. London: Macmillan, 2001.