アドルフ・ブロンニャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adolphe Brongniart.

アドルフ・ブロンニャール(Adolphe Théodore Brongniart、1801年1月14日 - 1876年2月19日)は、フランス植物学者である。古植物学のパイオニアの一人である。

生涯と業績[編集]

パリに生まれた。祖父は建築家のアレクサンドル=テオドール・ブロンニャール(Alexandre-Théodore Brongniart:1739-1813) であり、父親は地質学者アレクサンドル・ブロンニャール(Alexandre Brongniart :1770-1847)である。1822年から1825年の間、海外を旅し、パリ大学医学植物学を学び、薬草に関する論文、"Mémoire sur la famille des Rhamnées, ou, Histoire naturelle et médicale des genres qui composent ce groupe de plantes"で学位を得た。ソルボンヌの医学校で教師を務め、1833年にパリ植物園の植物学と植物生理学教授となった。1834年にフランス科学アカデミーの会員となり、後年はフランスの科学行政の監査官などを務めた。現存する植物と古代の植物の関係を研究し、「古植物学の父」という評価を得た。

1821年に先史時代の植物の分類の試み、1828年に著作、『化石植物の植物誌序論』("Prodrome d'une histoire des végétaux fossil")を著した。主著は、1828年から1847年までかかって、出版された『化石植物の植物誌』("Histoire des végétaux fossiles, ou recherches botaniques et géologiques sur les végétaux renfermés dans les diverses couches du globe")2巻で、各年代の地層に含まれる化石植物について解説した。

1841年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。ビクトル・オードワンジャン=バティスト・デュマとともに"Annales des Sciences Naturelles"を創刊し、1854年にフランス植物学会を設立し初代の会長を務めた。

マメ科の属、Brongniartia Kunthやヤシ科の Brongniartikentia Beccなどに献名されている。

参考文献[編集]