アドルフ・フルヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・フルヴィッツ(1880年から1890年頃)

アドルフ・フルヴィッツAdolf Hurwitz, 1859年3月26日 - 1919年11月18日)はドイツのユダヤ人数学者

整数論代数学代数幾何学で業績がある。はじめミュンヘン大学クライン、次にベルリン大学クンマーワイエルシュトラスクロネッカー等の当時を代表する数学者たちの講義に出席しドイツ数学を学んだ。 クラインに師事するために、一度ミュンヘン大学に戻り、クラインがライプツィヒ大学に異動するのに伴いライプツィヒへ、そこでクラインの指導のもと楕円モジュラー関数に関する論文で博士号を取得。 ゲッティンゲン大学を経てリンデマン円周率\pi超越数となることの証明で著名)に誘われケーニヒスベルク大学へ。 ケーニヒスベルク大学英語版時代にダフィット・ヒルベルトヘルマン・ミンコフスキーを育てたことも有名。その後スイス連邦工科大学チューリヒ校の教授。

業績として、リーマン面に関する基礎的な貢献、代数曲線の種数に関するリーマン・フルヴィッツの公式。フルヴィッツのゼータ関数の発見。虚数乗法を持つ楕円モジュラー関数において非常に重要な数であるフルヴィッツ数の構成など。 楕円モジュラー関数と虚数乗法論における貢献が大きい。

略歴[編集]

  • 1859年 - ドイツのヒルデスハイムに生まれる
  • 1881年 - ライプツィヒ大学でクラインのもと博士号を取得
  • 1882年 - ゲッティンゲン大学で教授資格を取得後、私講師となる
  • 1884年 - ケーニヒスベルク大学特別教授に就任
  • 1892年 - スイス連邦工科大学チューリヒ校教授に就任
  • 1919年 - スイスチューリヒに没

主な著作[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]