アドルフ・ダルシアク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'
Adolphe d'Archiac
人物情報
生誕 1802年9月24日
フランスの旗 フランス ランス
死没 1868年12月24日(満66歳没)
出身校 サン・シール陸軍士官学校
学問
研究分野 地質学古生物学
研究機関 パリ自然史博物館
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1853年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エティエンヌ・ジュール・アドルフ・デミエ・ド・サン=シモン・ダルシアク子爵(Etienne Jules Adolphe Desmier de Saint-Simon, Vicomte d'Archiac、1802年9月24日 - 1868年12月24日)はフランス地質学者古生物学者である。

ランスで生まれた。サン・シール陸軍士官学校で教育を受け、1830年までの9年間、騎兵将校と軍務についた。歴史小説を書いたが、地質学の研究に移った。1835年から第三紀白亜紀のフランス、ベルギーイギリスの生成について、特に化石の分布や層序について記述した。さらにシルル紀デボン紀石炭紀の形成について研究した。

主著に1847年から1860年をかけて発刊された8巻の『1984年から1859年の間の地質学の進歩』(Histoire des progres de la geologie de 1834 a 1859) がある。その他に、Paleontologie stratigraphique (1864-1865); Geologie et paleontologie (1866); de Tchihatcheff's Asie mineure (1866) などの著書がある。

1853年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。1857年にフランス科学アカデミーの会員に選ばれ、1861年にパリ自然史博物館古生物学教授に任命された。晩年はうつ病になり、セーヌ川投身自殺した。

関連項目[編集]