アドリア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドリア
143 Adria
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(アドリア族?)
発見
発見日 1875年2月23日
発見者 ヨハン・パリサ
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.762 AU
近日点距離 (q) 2.568 AU
遠日点距離 (Q) 2.956 AU
離心率 (e) 0.070
公転周期 (P) 4.59 年
軌道傾斜角 (i) 11.47
近日点引数 (ω) 251.11 度
昇交点黄経 (Ω) 333.22 度
平均近点角 (M) 260.33 度
物理的性質
長短径 98 × 86 km
直径 89.93 km
質量 7.6 ×1017 kg
平均密度 2.0 g/cm3
表面重力 0.0251 m/s2
脱出速度 0.0475 km/s
スペクトル分類 C / Xc
絶対等級 (H) 9.12
アルベド(反射能) 0.0491
表面温度
最低 平均 最高
~167 K
色指数 (B-V) 0.738
色指数 (U-B) 0.336
■Project ■Template

アドリア (143 Adria) は、小惑星帯に位置する大きな小惑星の一つ。炭素を主成分とするコンドライトからなっていると考えられる。古在由秀はかなり小規模な小惑星族を代表する小惑星としている。

1875年2月23日にオーストリア天文学者、ヨハン・パリサがアドリア海沿岸のポーラ(現プーラ)で発見し、発見場所の名前がつけられた。

2000年8月21日に日本で掩蔽が観測され、98 × 86 kmの楕円形状が算出されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ポラナ (小惑星)
小惑星
アドリア (小惑星)
次の小惑星:
ビビリア (小惑星)