アドリアーン・ファン・ユトレヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドリアーン・ファン・ユトレヒト
生誕 1599年
アントワープ
死去 1652年
テンプレートを表示

アドリアーン・ファン・ユトレヒト (Adriaen van Utrecht, 1599年1652年)は、フランドルバロック期の画家。静物画で知られている。

生涯[編集]

アドリアーン・ファン・ユトレヒトは、その名前とは違いアントワープ出身である。1614年に画家の Herman de Neytの工房に入り、フランス・スナイデルスヤン・フェイトの影響を受ける。その後フランス、ドイツ、イタリアを旅し、そこでバロック絵画の、また巨匠たちのキアロスクーロから影響を受ける。アントワープに戻って1625年には聖ルカ組合に親方として登録されている。[1] 1628年には同じく画家であり詩人でもあったコンスタンティアという女性と結婚するが、[2] 彼女はウィリアム・ファン・ニウラント2世 の娘であった。[3]数カ月後には彼女の姉妹が画家のシモン・デ・フォスと結婚している。ファン・ユトレヒトは自身の工房を持ち、1626年から1646年の間に少なくとも7人の弟子がいた。ファン・ユトレヒトは ヤン・ダヴィス・デ・ヘームエヴァリスト・バスケニスニコラ・ド・ラルジリエールから影響を受けている。[1]

ファン・ユトレヒトは静物画に特出しており、狩りの獲物や豊富な野菜や果物を描いた。また、ヴァニタスや魚屋、食料貯蔵室、鶏や七面鳥等のいる農家の庭の光景も描いた。彼はまた他の画家との共同制作もしており、ダフィット・テニールス (子)ヤーコブ・ヨルダーンスエラスムス・クエリヌス2世テオドール・ロンバウツテオドール・ファン・テュルデンヤン・ファン・デン・ヘッケといった画家たちの作品に静物を描き込んでいる。また、タペストリーのデザインも手掛けた。

ファン・ユトレヒトの作品は当時人気があり、 フェリペ4世のお気に入りだったこともあってプラド美術館にも所蔵されている。オーストリアやドイツの宮廷からも注文を受けていた。彼の作品は他にもサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、アムステルダムのアムステルダム国立美術館、ストックホルムのデンマーク国立博物館、ロンドンのボウズ博物館、ロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館等に所蔵されている。

参照[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]