アドリアーン・コールテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドリアーン・コールテ
Adriaen Coorte
『苺のある静物』
マウリッツハイス美術館
生誕 1665年頃
ミデルブルフ
死去 1707年以降
ミデルブルフ
テンプレートを表示

アドリアーン・コールテ (Adriaen Coorte) はオランダの画家。比較的小さな静物画で知られている。

生涯[編集]

コールテの生涯についてはほとんど情報がないが、ミデルブルフで1683年頃から1707年頃まで活躍し、聖ルカ組合の一員であったことは記録に残っている。1680年頃、アムステルダムにてメルヒオール・ドンデクーテルの弟子となっているが、1683年頃にはミデルブルフに戻り工房を構えた。

コールテはベリー類やアスパラガスといった題材を好んで描いた。また、17世紀の手法としては珍しく、板に紙を張ったものの上に描いた作品も多い。コールテの作品は60点あまりが現存している。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]