アドリアン・ファン・ニウラント (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドリアン・ファン・ニウラント (子)
生誕 1587年
アントワープ
死没 1658年7月
アムステルダム

アドリアン・ファン・ニウラント (子) (Adriaen van Nieulandt the younger, 1587年 - 1658年7月7日に埋葬)は、オランダ画家版画家画商

生涯[編集]

アドリアン・ファン・ニウラント (子)の父親であるアドリアン・ファン・ニウラント (父)も画家である。ファン・ニウラント家は1589年に 八十年戦争の影響を避けてアムステルダムに引っ越している。この移転はファン・ニウラント家がプロテスタントだったせいかもしれないし、単に北部ネーデルラントの美術市場が好況であったためかもしれない。

ファン・ニウラント (子)はアムステルダムでピーテル・イサークスフランス・バデンスの元で学んだ。彼は主に風景画や室内画を描いた。[1]

息子のウィレム・ファン・ニウラント2世とヤーコブ・ファン・ニウラントも画家となった。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ Adriaan Nieulant biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by Arnold Houbraken, courtesy of the w:Digital library for Dutch literature