アドリアノープルの戦い (813年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドリアノープルの戦い
戦争ブルガリア・東ローマ戦争
年月日813年
場所:アドリアノープル(現・エディルネ
結果:ブルガリア帝国の勝利
交戦勢力
第一次ブルガリア帝国 Flag of Palaeologus Emperor.svg東ローマ帝国
指揮官
不明 不明
戦力
不明 不明
損害
不明 不明

アドリアノープルの戦いは、813年第一次ブルガリア帝国東ローマ帝国の都市であるアドリアノープルを占領した戦いである。

経過[編集]

ヴェルシニキアの戦いで東ローマ軍を撃破したクルムコンスタンティノープルの包囲を開始し、別働隊にはアドリアノープルの包囲を命じた。しかしクルムはコンスタンティノープルを落とす手段を持たず、東ローマと和平を結ぼうとした。その交渉の席で、東ローマ側はクルムを暗殺しようとした。この企ては失敗したが、これに激怒したクルムはトラキアの諸都市を荒らした。このころ、アドリアノープルの守備隊も長い包囲によって補給が断たれ、飢餓状態になったためブルガリアに降伏した。クルムは捕虜をブルガリア領内に移住させて、ブルガリアに帰還した。