アドニス会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドニス会(アドニスかい、英:Adonis Kai)は、戦後間もなく日本で発足した会員制の男性同性愛サークルであリ、別名「ギリシャ研究会」ともいわれた。作家三島由紀夫推理小説中井英夫歌人塚本邦雄文化人らが参加していた。会名は、ギリシア神話に登場する女神アプロディーテーに愛された美少年アドーニスから取られた。

創会当時の発起人メンバーには、岩倉具栄、原比露志、伏見冲敬、上月竜之介らが名を連ねていた。1960年頃の会員数は300人ほどだった[1]。アドニス会にはゲイ解放の志向はなかった[2]


男性同性愛誌「ADONIS(アドニス)」の発行[編集]

日本初の会員制の男性同性愛雑誌「ADONIS(アドニス)」(1952年9月10日創刊~1962年63号で廃刊)と、別冊として小説集「APOLLO(アポロ)」、会員による手記集「MEMOIRE(メモワール)」[3]を発行していた。

三島が榊山保名義で「愛の処刑」をAPOLLOに寄稿したことが知られており、中井は碧川潭名義で「虚無への供物」をアドニスに、「とらんぷ譚」、「おりんぴあど譚」、「青蛾の嘆き」などをAPOLLOに寄稿し、塚本は菱川紳名義で作品を寄稿していた[4]

アドニスの初代編集長は「人間探求」(第一出版社,1950年創刊)編集者でもあった上月竜之介であった。人間探究は性風俗雑誌で、同性愛についても時折取り上げており、同誌編集部には同性愛者の苦悩を訴える投書が届けられていたことなどから、それが彼にアドニスの発刊を決意させたとされる。アドニス会設立の告知も人間探求誌上でなされている。因みに「人間探求」を主催していたのは高橋鐵で、他にも「あまとりあ」を主催していた。

2代目編集長が推理・幻想小説家中井英夫の同棲相手でもあった田中貞夫で、中井英夫の他、歌人・塚本邦雄や三島由紀夫らの作品も変名で寄稿された。執筆陣には人間探求のほか、「あまとりあ」で書いていた人もいた。

廃刊へ

1962年に警察の取り締まり廃刊になったが、そのことは「風俗奇譚」で「ホモの窓:捕まった男色クラブ」(1962年6月号)として取り上げられている。同誌は、1970年代に創刊ラッシュを迎えることになる商業ゲイ雑誌プロトタイプの一つになった。

脚注[編集]

  1. ^ 風俗奇譚「会員300人の男色クラブ」(1960年3月号)。
  2. ^ 『Badi』1997年4月号「伏見憲明のゲイ考古学 X氏の回想」によると、アドニス会の元会員の声として「アドニス会にはそういう(ゲイの解放という)志向はなかった」とある。
  3. ^ アドニス別冊手記集「MEMOIRE(メモワール)」
  4. ^ 現代詩手帖 塚本邦雄追悼号

関連項目[編集]