アトリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトリ
Fringilla montifringilla 1 (Marek Szczepanek).jpg
アトリ Fringilla montifringilla
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: アトリ科 Fringillidae
: アトリ属 Fringilla
: アトリ F. montifringilla
学名
Fringilla montifringilla
Linnaeus, 1758
和名
アトリ
英名
Brambling
Fringilla montifringilla

アトリ(花鶏、学名:Fringilla montifringilla)は、鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

ユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島渡りをおこない越冬する。

日本には冬鳥として秋にシベリア方面から渡来する。主に日本海より山形県富山県等に飛来し、それから各地に散らばる。渡来する個体数は年による変化が大きい。

形態[編集]

全長16cm。黄褐色を基調にを加えた羽色をもち、特に胸部の羽毛は橙褐色で目立つ[1]。オスの夏羽は頭部が黒い。メスおよびオスの冬羽の頭部は褐色。

亜種[編集]

生態[編集]

山麓の森林や農耕地に生息する。昼行性で昼間は小規模な群れで生活するが、夜は集団で休む。日本においては渡来直後や繁殖地への渡去直前に、数千羽から数万羽になる大群を作ることがある。

食性は雑食性で果実、植物の種子、昆虫類節足動物を食べる。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
スズメ小目 Passerida
スズメ上科 Passeroidea
アトリ亜科 Fringillinae
アトリ族 Fringillini

人間との関係[編集]

秋に飛来する鳥なので戦前は穀物に害を与える害鳥とされていた。いっぽう、古くから日本ではツグミと並んで食用の鳥として重視されていた。かすみ網で捕らえられ、焼き鳥などで食されたものの、戦後にかすみ網が禁止されたため猟は下火となった。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p11 昭和33年12月25日発行
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p11 昭和33年12月25日発行

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「アトリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類