アトラスオオカブト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトラスオオカブト
Chalcosoma.atlas.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: アトラスオオカブト属 Chalcosoma
: アトラスオオカブト C. atlas
学名
Chalcosoma atlas
(Linnaeus, 1758)
和名
アトラスオオカブト
英名
Atlas beetle
亜種

本文参照

アトラスオオカブトとは、昆虫綱甲虫目カブトムシ亜科に属するカブトムシの1種。フィリピンインドネシアなど東南アジアの低地に分布する。コーカサスオオカブトに類似しているが、やや小型で胸角が細く、頭角の突起がない(ただし頭角の先端がやや膨らみ、槍状になっている)。名前は、ギリシア神話に登場する世界を支える巨人アトラスが由来で、アトラス山脈に生息しているわけではない。

外国産カブトムシでありながら極めて安価で流通しており(小型のものは国産カブトムシより数百円高い程度)、オオヒラタクワガタと並んで毎年大量に輸入されている。夏場は一般の(主に犬や猫を扱う)ペットショップやホームセンターでも普通に売られていることが多く、外国産昆虫の中では最も身近な存在であると言える。

種間変異が著しく、雄の小型個体では角が殆どなく(短角型)、亜種の判別も困難となる。また、そのような小型個体しか見られない亜種もある。

亜種[編集]

Nagai (2004) によれば、7亜種に分類されている。

和名 雄の体長 体形 頭角の突起 胸角の湾曲
アトラスオオカブト 50mm - 100mm 幅広い なし 強い
フィリピンアトラス 50mm - 110mm 普通 あり 強い
ネシアアトラス 40mm - 100mm 長細く直線的 ややあり かなり弱い
インドアトラス 50mm - 90mm 胸部が幅広い なし 弱い
ペレンアトラス 50mm前後 不明 不明 不明
ブトンアトラス 50mm前後 不明 不明 不明
シムルエアトラス 50mm - 70mm 長細い 不明 不明
  • インドアトラス ssp. mantetsu
    ミャンマータイラオスインド北部に生息する。
    学名のMantetsuは記載者永井信二の友人筒井賢のあだ名「萬鉄」から。
  • ペレンアトラス ssp. shintae
    ペレン島に生息する。
    学名のShitaeは記載者永井信二の長女のインドネシア名から。
  • ブトンアトラス ssp. butonensis
    ブトン島に生息する。
    短角型2頭のタイプ標本のみが確認されている。前翅には皺が寄っている。
  • シムルエアトラス ssp. simeuluensis
    シメウルーエ島に生息する。タイプ標本の、体長は中程ではあるが角の発達していない雄5頭と、中型の雌1頭のみが確認されている。前脚の脛節が発達している。

参考文献[編集]

  • BE-KUWA No.13 2004年冬号 2004年12月24日発行 有限会社むし社

関連項目[編集]