アデル・エネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデル・エネル
Adèle Haenel
Adèle Haenel
2012年
生年月日 1989年1月1日(25歳)
出生地 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画

アデル・エネル(Adèle Haenel、 1989年1月1日[1] - )は、フランス女優

バイオグラフィ[編集]

父はオーストリア人翻訳家、母は教師である[2] · [3]。13歳の頃、セーヌ=サン=ドニ県モントルイユ にある演劇クラスに通い、それから、映画『Les Diables』において主役的な役割を得た。2007年、セリーヌ・シアマ (Céline Sciamma)監督の映画デビュー作品である『水の中のつぼみ』におけるフロリアーヌ役により2008年度セザール賞有望若手女優賞にノミネートされ[4]、広く知られるようになった。

2009年、映画ドラマ『Dechainees』のルーシー役でジュネーブCinéma Tous Ecransフェスティバルにて俳優賞を受賞。2012年、ベルトラン・ボネロ (Bertrand Bonello)監督の映画『メゾン ある娼館の記憶』でヨーロッパ・フィルム・プロモーションのシューティングスター・アワードをベルリンにて受賞、そして、再びセザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。

フィルモグラフィ[編集]

  • 2002: Les Diables (監督: Christophe Ruggia)
  • 2007: 水の中のつぼみ Naissance des pieuvres (監督: Céline Sciamma)
  • 2007: Solitude (監督: Frédéric Guelaff )
  • 2007: Le Bel Esprit (監督: Frédéric Guelaff )
  • 2009: Déchaînées (監督: Raymond Vouillamoz)
  • 2010: Adieu Molitor (監督: Christophe Régin)
  • 2011: メゾン ある娼館の記憶 L'Apollonide - Souvenirs de la maison closee (監督: Bertrand Bonello)
  • 2011: Après le sud (監督: Jean-Jacques Jauffret)
  • 2011: En ville (監督: Valerie Mrejen Bertrand Schefer)
  • 2011: Confession d'un enfant du siècle (監督: Sylvie Verheyde)
  • 2012: Folks (監督: Frederic Guelaff)
  • 2012: Alyah (監督: Elie Wajeman)
  • 2012: 黒いスーツを着た男 Trois mondes (監督: Catherine Corsini)

参考[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Adele Haenel”. zoom-cinema. 2012年10月21日閲覧。
  2. ^ Nouvelle Rubrique : Espoir - Adele Haenel dans Excessif le 10 juillet 2007.
  3. ^ Adèle Haenel, la belle insurgée dans Libération du 1er octobre 2011.
  4. ^ Adele Haenel, France”. shooting-stars. 2012年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]