アデライド・ラビーユ=ギアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弟子二人と一緒の自画像

アデライード・ラビーユ=ギアール(Adélaïde Labille-Guiard, 1749年4月11日 - 1803年4月24日)は、フランス肖像画家

パリに生まれ、細密画パステル画油彩をマスターし、1783年にヴィジェ=ルブランと共に女流画家として初めてアカデミー会員となる。フランス革命時には、革命を擁護する立場を取った。1769年に結婚するも、1777年には別居、1795年正式に離婚した後、1799年に師匠のヴァンサンと再婚した。1803年4月24日死去。

代表作は「弟子二人と一緒の自画像」(ニューヨークメトロポリタン美術館蔵)。

外部リンク[編集]