アデュー・フィリピーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデュー・フィリピーヌ
Adieu Philippine
監督 ジャック・ロジエ
脚本 ジャック・ロジエ
ミシェル・オグロール
製作 ジョルジュ・ド・ボールガール
出演者 ジャン=クロード・エミニ
ステファニア・サバティニ
イヴリーヌ・セリ
音楽 ジャック・ダンジャン
ポール・マテ
マクシム・ソリ
撮影 ルネ・マトラン
編集 モニク・ボノ
クロード・デュラン
マルク・パヴォ
配給 日本の旗 紀伊国屋書店 DVD発売
公開 フランスの旗 1962年1月8日 プレミア
フランスの旗 1962年4月 カンヌ映画祭
フランスの旗 1963年9月25日 商業公開
日本の旗 2004年11月20日 DVD発売
日本の旗 2010年1月23日 商業公開
上映時間 106分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

アデュー・フィリピーヌ』(フランス語: Adieu Philippine)は、1962年(昭和37年)に公開されたジャック・ロジエ監督のフランスイタリア合作映画である。

略歴・概要[編集]

1958年(昭和33年)、短篇ドキュメンタリー映画『十代の夏』(Blue Jeans)を撮り、日本でも同作が公開され、同作に注目したジャン=リュック・ゴダールが『勝手にしやがれ』のプロデューサー、ジョルジュ・ド・ボールガールに紹介したことで、『アデュー・フィリピーヌ』は実現した。

ジャン=クロード・ブリアリミシェル・ピコリクリスチャンヌ・ルグランミシェル・ルグランの姉)、ロベール・イルシュらがカメオ出演している。

撮影したのは1960年(昭和35年)の夏で、2年後の第15回カンヌ国際映画祭にて上映された。

日本では、東京日仏学院が1970年代から英語字幕付16ミリプリントを所有しており、映画批評家梅本洋一が「梅本洋一の木曜シネクラブ」を同学院ホールで主宰していた1980年代には、夏になるたびに同プリントを上映していた。2004年と2006年には紀伊国屋書店がDVDを発売した。劇場未公開のままであったが、2010年に行われた特集上映「ジャック・ロジエのヴァカンス」にて本作は、渋谷の映画館ユーロスペースで2010年1月23日から4週間にわたって1日1回上映され[1]、同年3月にも同館でアンコール上映された[2]後、全国で順次上映された。

データ[編集]

キャスト[編集]

物語[編集]

1960年(昭和35年)、パリ。ミシェルはもうすぐ徴兵のため、アルジェリアに行かなくてはならない。いっぽう、ミシェルはテレビ局のエンジニアであり、リリアーヌとジュリエットと知り合う。彼女たちは、まるで「フィリピーヌ」というアーモンドのように離れられない友だちどうしである。ミシェルは最後の自由な日々について考え、仕事を辞め、休暇に、彼女たちが参加することに決めたコルシカへの道へいくのだった。

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・ロジエのヴァカンス” (日本語). ユーロスペース. 2013年6月27日閲覧。
  2. ^ ジャック・ロジエのヴァカンス アンコール” (日本語). ユーロスペース. 2013年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]