アテーナイのアポロドーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アテーナイのアポロド−ロスアテナイのアポロドロスギリシャ語Απολλόδωρος ο Αθηναίος, Apollodorus, 紀元前180年頃 - 紀元前120年以降)はアスクレピアデスの子で、古代ギリシアの文法学者。ストア派の哲学者であるバビロンのディオゲネスen:Diogenes of Babylon)、パナイティオスen:Panaetius)ならびに文法学者のサモトラケのアリスタルコスen:Aristarchus of Samothrace)の弟子だった。紀元前146年頃、アレクサンドリアを離れ(あるいは追放され)、おそらくペルガモンで長く過ごした後、アテーナイに定住した。

アテーナイのアポロドーロスには、以下のような著作がある。

  • 年代記(Χρονικά) - 紀元前12世紀イリオス(トロイ)の滅亡からおおよそ紀元前143年(後に紀元前109年まで延長されたが)を詩で語ったギリシアの歴史。エラトステネスの作品群に基づいている。書かれた年はアテーナイのアルコン(高級執政官)への言及から推定される。ほとんどのアルコンの任期は1年で、研究家たちはアポロドーロスがそれを書いた年をつきとめようとした。詩は滑稽な三歩格で書かれていて、アッタロス2世に献呈された。
  • 神々について(Περι θεων) - 詳細なギリシア宗教史で、ピロデモスen:Philodemus)など、後世の著作家の重要な頼みの綱となった。
  • ホメロスの『軍船のカタログ』(『イリアス』第2歌の494行から759行を指す。詳細は en:Catalogue of Ships参照)に関する12巻の散文。エラトステネスやスケピシスのデメトリウス(en:Demetrius of Scepsis)の著作に基づく。ホメロスの地理学とその時代に何が変わったかを扱っている。ストラボンの著書『地理書』(en:Geographica (Strabo))の8巻から10巻はアポロドーロスのこの著作に依っている。

アポロドーロスが書いたと思われる著作には、語源学の初期のもの、コスのエピカルモスソプロンという詩人の分析などがある。アポロドーロスは他にも多数の批評本、文法学の本を書いたが、それらは現存していない。

『ビブリオテーケー』の作者[編集]

参考文献[編集]

  • Hornblower, Simon (1996). "Apollodorus (6) of Athens". The Oxford Classical Dictionary. Oxford: Oxford University Press. 124.
  • Smith, W. (1861). [1]. Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology Vol. 1, p. 234. London: Walton & Maberly. 1093.
  • Greek Chronicles in translation