アッラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パルミラで出土したアッラートのレリーフ1世紀)。ヤシの枝を持ち、ライオンを従えている

アッラート(アラート; اللات Al-Lāt)は、イスラム教以前のいわゆるジャーヒリーヤ時代に崇められていた女神。アリラト(al-'Ilāhat)とも。マナートアル・ウッザーと共に、最高神アッラーフの三人の娘の一人とされていた。

その名はアッラーフの女性形で「女神」の意味。アラビアの商業都市ターイフ近くの渓谷に主神殿があり、飾りつけられた白い立方石を依代としていた。

Robert Gravesによれば、イタリアの部族国家ラティウムが崇拝していた女神ラトが起源であり、その名は「」を意味するという[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 『The Greek Myths』Penguin Books Inc.発行(1955)

関連項目[編集]