アッベ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アッベ湖
衛星写真
位置 北緯11度10分 東経41度47分 / 北緯11.167度 東経41.783度 / 11.167; 41.783座標: 北緯11度10分 東経41度47分 / 北緯11.167度 東経41.783度 / 11.167; 41.783
流入河川 アワッシュ川
流域国 エチオピアの旗 エチオピア ジブチの旗 ジブチ
面積 45,000 ha (170 sq mi) (34,000 haが湖水面, 11,000 haが塩原)
平均水深 36メートル (118 ft)
水面の標高 243メートル (797 ft)
湖沼型 塩湖
テンプレートを表示
アッベ湖の噴気孔群

アッベ湖(Lake Abbe)は、エチオピアジブチの国境上に位置する湖。塩湖である。

エチオピア高原から北東に向けて流れるアワッシュ川は、ジブチ・エチオピア国境近くの砂漠地帯で急激に水量を減らし、北からGargori、Laitali、Gummare、バリオ、Afamboの5つの湖を相次いで形成し、最後にアッベ湖へと流れ込む。この6つの湖は近接している。アッベ湖はアファール三重点と呼ばれるアフリカの大地溝帯、ヨルダン渓谷・紅海と連なる中東の地溝帯、インド洋中央海嶺につながるカールスバーグ海嶺の3つが接し、お互いに離れるようにして広がっている地点に位置する[1]。湖の北西岸には標高1069mの火山であるMount Dama Ali山がそびえ、湖周辺にはの層が広がっている。特に南と南西岸に塩は多く堆積し、幅は10kmにも及ぶ。アワッシュ川のほか、西と南からOleldereとAbuna Merekesの二つのワジがアッベ湖へと流れ込む。湖水面の面積は34,000ヘクタールであるが、近年アワッシュ川からの灌漑用水の取水によって湖面は約5m低下した[2]

湖岸近くにはアファール人が集落を作っている。湖岸のあちこちからは温泉蒸気が吹き上がり、それによって形成された噴気孔石灰華の奇岩群が湖畔に立ち並び、独特の風景となっている[3][4]。湖にはフラミンゴが多く生息している。アッベ湖はその特異な光景から、映画「猿の惑星」のロケ地ともなった。

脚注[編集]

  1. ^ Afar Depression, Ethiopia”. NASA Earth Observatory. 2009年8月20日閲覧。
  2. ^ Robert Mepham, R. H. Hughes, and J. S. Hughes, A directory of African wetlands, (Cambridge: IUCN, UNEP and WCMC, 1992), p. 167
  3. ^ 「週刊朝日百科世界の地理96 スーダン・エチオピア・ソマリア・ジブチ」朝日新聞社 昭和60年9月15日 p10-148、149
  4. ^ http://www.nationalgeographic.co.jp/places/places_countryprofile.php?COUNTRY_ID=15 国と人 - ジブチ - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)2013年3月21日閲覧