アップロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アップロード (Upload) は接続されたコンピュータ間に存在するデータ(ファイルなど)を下流ノードから上流ノードへ転送する事をさす。これを送信と言い換えることもあるが、上流ノードの指示で下流ノードから上流ノードへ転送するアップロードは受信である。対義語としてはダウンロードが挙げられる。もともと「ロード(load)」と言う単語自体にデータ転送の意味があり、それに付随してこの語が派生して使われている。

概要[編集]

この概念は、パソコン通信が使われ始めた1970年代後半 - 1980年代(日本では1980年代中盤)より使われるようになってきた。当時のコンピュータネットワークは「ホストコンピュータ端末」という関係がはっきりしていたため、「上流→下流」ないしは「上り下り」の範疇で扱われた。

しかしインターネットともなると中継が幾つも入るためにこの関係はやや曖昧となり、P2P通信に代表されるような本来は双方向通信に在っても、一方的に大きなデータ量を相手側に送りつける状態を指してアップロードと呼ぶ傾向も見られる。

本来は通信上において「サーバ側に端末側からまず受信要求を行い、そのサーバから来た送信請求に応じて端末側からデータを送信する」という形態を取るが、受信要求や送信請求はユーザーに意識されないため、単に情報(データ)を自分のパソコンや端末機から送信する行為を指してアップロードと呼ぶ傾向も見られる。

元々は電子掲示板に書き込んだり、電子メールを送信したりする行為も、これらサービスを提供するサーバへのアップロードであるが、今日ではデータの集合であるファイルを送信する行為をアップロード・受信する行為をダウンロードと呼び、これは先に挙げたP2P通信でも同様の傾向も見られる。

備考[編集]

これらアップロードでは、特にサーバにファイルなどのデータを送信、これを一般の不特定多数がアクセス可能な状態に置くことも可能である。

問題視されるアップロードの例[編集]

アップロードする事で、誰でもインターネットを通じて情報を第三者に公開・提供することができるが、その送信コンテンツの著作権やこれに付随する送信可能化権が自身に無いものをアップロード及び一般に公開する行為は、著作権侵害となる。

著作権侵害以外でも、アップロードするファイルの内容によっては違法行為となる場合があり、警察によるP2P監視システムを利用したサイバーパトロールや一斉検挙により、検挙されるものが後を絶たない[1]。 実際、日本において、2013年にファイル共有ソフト関連で検挙された者の内訳[2]は、著作権関連が66%、猥褻物陳列が19%、児童ポルノ禁止法違反が15%となっている。

特に日本では1990年代後半にWarez(不正コピーソフト)問題に絡み、サーバ上に一般不特定多数からアクセス可能な状態に市販されていたアプリケーションソフトウェアのコピーをアップロードした人が逮捕・有罪となっている。

これらのケースでは、第三者からのアクセスが可能だという状態が問題なのであって、実際にダウンロードされたかどうかに付いては言及されて居ない。

ダウンロード側の責任[編集]

「ダウンロードした側の責任」に関しては、インターネットに限らずコンピュータネットワークではファイルをダウンロードして何らかの操作をしてみるまでは内容物が判別出来ないことにも絡み、扱いは曖昧なままである。しかし過去の事件ではダウンロードしたファイルを更に複製して転売しようとしたり、あるいは譲渡したとして検挙された例がある一方、ソフトウェアの利用規約上でパッケージの正当な使用許諾を受けていない者が、ソフトウェアをパソコンへインストールした時点で規約違反となる点が問題視できよう。

なおダウンロードそのものは一種のデジタルデータの私的複製行為とみられるため、扱いは更に複雑である。合法的に提供されたコンテンツを読み込んでウェブブラウザで開いたり[3]、ファイルを端末側にダウンロードして所定のクライアントソフトウェアで再生したり、あるいはダウンロード購入した音声ファイルをデジタルオーディオプレーヤーに転送して聞くなど、提供側の定めた方法或いは著作権法の私的利用に当たるところまでは慣習的に認められる範疇ではある。

しかしブートレグに代表される違法なファイルを自分のコンピューター内に取りこんで利用した場合の扱いは、不明確である。[4]ことから、違法かどうか判断のつかないコンテンツに、安易に手を出すのは奨められない。またこれらでは情報公開側が偽ってコンピュータウイルスをダウンロードさせるなど、別の問題も頻発している。この場合、ウイルスの製作や配布側が罰せられることは稀で、逆にダウンロードした側がコンピュータウイルスにコンピュータを乗っ取られ、知らないうちに迷惑メール送信者にされてしまいアクセス禁止などの不利益を被った事例も散見される。

また、著作者に許可を得ずアップロードされた動画などを、「無許可と知っていてダウンロードする」ことについても違法とする考えもある[5][6]。日本では、2010年1月1日に施行された著作権法の改正により、一般に市販されている商用の著作物(有償著作物)である音声及び映像に関して、違法コンテンツと知りながらダウンロードする行為が違法となった。

電子掲示板への文章のアップロード[編集]

また電子掲示板は自分の書いた内容をアップロードする事で、即座に第三者の閲覧が可能な状態にする事ができるが、これに絡む問題も数多く発生している。

荒らし行為や脅迫誹謗中傷などの形で取り沙汰された事例を挙げるまでも無く、利用者間では匿名であるからと無節操にアップロードする行為も問題とされる。事件性に関連しては2ちゃんねるの項を参照。またインターネットスラングとしてアップロードはしばしば「うp」と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 著作権侵害事件” (2014年1月17日). 2014年1月17日閲覧。
  2. ^ 現在も約15~20万人がP2Pファイル共有ソフトを使用、ネットエージェント調査” (2014年1月17日). 2014年1月17日閲覧。
  3. ^ ブラウザなどのクライアントはテンポラリとしてファイルをローカルに保存するためダウンロードに該当する
  4. ^ ブラウザでアクセスした時点でダウンロードが成立してしまうため、サーバ側からでは何らかの理由で違法ファイルの埋め込まれたページを開いた受動的なダウンロードなのか、保存目的でファイルを能動的にダウンロードしたのかの判別が出来ず、ユーザーのコンピュータの中身を確認しなければ違法な利用行為の有無を確認できない。
  5. ^ 私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」不可避に - ITmedia News - 2007年12月19日閲覧
  6. ^ 私的録音録画小委員会:反対意見多数でも「ダウンロード違法化」のなぜ (1/2) - ITmedia News - 2007年12月19日閲覧

関連項目[編集]