アップセッターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジ・アップセッターズ
基本情報
別名 Upsyndicates
Upsetter Pilgrims
Third And Fourth Generation
Upsetting Upsetters
Mighty Upsetters
Black Ark Players
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ジャンル レゲエ
活動期間 1968年 - 1986年
レーベル ジ・アップセッター
共同作業者 リー・ペリー
メンバー
本文参照

ジ・アップセッターズ (The Upsetters) はジャマイカレゲエバンド。1968年から1986年まで、リー・ペリー (Lee Perry) のハウスバンドとして活躍し、数多くのアーティストと演奏をした。バンド名はリー・ペリーのアルバム、「ジ・オリジナル・アップセッター」(The Original Upsetter) に由来する。

バンドの変遷[編集]

第1期[編集]

1968年、「the Upsetter」レーベルを立ち上げたリー・ペリーのスタジオバンドとして結成された。その時の主要なメンバーは以下の通り。

  • キーボード Gladdy Anderson、Winston Wright
  • ベース Jackie Jackson
  • ドラムス Hugh Malcom、Lloyd "Tin Legs" Adams

このメンバーのラインナップは、「グラディズ・オールスターズ (Gladdy's All-Stars)」としても知られている。彼らは「マン・フロム・MI5 (Man from MI5)」、「リターン・オブ・ジャンゴ (Return of Django)」、「ライブ・インジェクション (Live Injection)」 などの曲を リー・ペリーと共に録音している。 1969年秋には、「リターン・オブ・ジャンゴ (Return of Django)」がイギリスでヒットしている。

第2期[編集]

1969年、リー・ペリーはヨーロッパツアーに出る際に、第1期メンバー達はみな都合がつかなかった。その代わりに、バニー・リーと共にセッションの仕事をしていた「ザ・ヒッピーボーイズ (The Hippy Boys)」と呼ばれる若いバンドが、ジ・アップセッターズとして帯同した。この時の主要なメンバーは以下の通り。

ヨーロッパツアーの後も、リー・ペリーはジ・アップセッターズや、ザ・ウェイラーズボブ・マーリーピーター・トッシュバニー・ウェイラーによるトリオ)らと密接に仕事をした。1971年に金銭トラブルから、リー・ペリーと彼らの関係が決裂。バレット兄弟の名前で知られるアストン・バレットとカールトン・バレットはウェイラーズに移り、その後はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとして活動する。

第3期 ブラック・アーク時代[編集]

1974年から1979年まで、リー・ペリーが、スタジオブラック・アークで仕事をした期間は、アップセッターズのメンバーは以下の主要なメンバーにほぼ固定される。

クレジットに見られるバンドの別名[編集]

  • Upsyndicates
  • Upsetter Pilgrims
  • Third And Fourth Generation
  • Upsetting Upsetters
  • Mighty Upsetters
  • Black Ark Players

参加したプレイヤー[編集]

もともとハウスバンドという性質上、アップセッターズには以下のさまざまなミュージシャンが参加している。

ベース[編集]

アストン・バレット、Jackie Jackson、ボリス・ガーディナー (Boris Gardiner)、Radcliffe Bryan、ロビー・シェイクスピア、Spike

ドラムス[編集]

カールトン・バレット、Lloyd "Tin Leg" Adams、Lloyd Knibb、Mikey Richards、スライ・ダンバー、Benbow Creary、Winston Grennan、Hugh Malcolm、Peng

キーボード[編集]

Glen Adams、Winston Wright、アンセル・コリンズ、Gladstone Anderson、Keith Stirling、Theophilus Beckford、Robbie Lyn、オーガスタス・パブロ、Mark Downie、Russ Cummings

ギター[編集]

Alva Lewis、Hux Brown、アール・チナ・スミス、Ron Williams、アーネスト・ラングリン、Willie Lindo、Michael Chung、Robert Johnson、Geoffrey Chung、Mark Downie、Tarlok Mann

サックス[編集]

Val Bennett、トミー・マクックリチャード・ホール (Richard "Dirty Harry" Hall)、Glen DaCosta、Lloyd Clarke

ホーン[編集]

ヴィン・ゴードン (Vin Gordon)、Ron Wilson、Bobby Ellis、David Madden、Egbert Evans、Trevor Jones

ボーカル[編集]

リー・ペリーデイヴ・バーカー、Leo Graham、マックス・ロメオ (Max Romeo)、Jah Lion

関連項目[編集]