アッバース (ムハンマドの叔父)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッバースアラビア語: العباس بن عبد المطلب‎, 英語:‘Abbas ibn ‘Abd al-Muttalib, 566年 - 653年)は、イスラム教の開祖であるムハンマド・イブン=アブドゥッラーフの叔父(伯父とも)にあたる。

生年は579年ともされている。子にアブドゥッラー、ファズル、オバイドゥッラー、カイサーンの4人の男子がいた。アブドゥッラーとファズルはムハンマドのよき協力者だった。

アッバースは甥のムハンマドより21年も長生きした。アッバースは隊商貿易で巨万の富を得ている。ムハンマドがイスラム教の布教活動を始めると最初は反対したが、のちに理解を示して協力した。629年にヤスリブ(メディナ)に亡命していたムハンマドに義妹にあたるマイムーナ・ビント・アル=ハーリスを嫁がせ、630年にムハンマドがメッカに凱旋すると自ら出迎えたという。

アブドゥッラーの孫がアッバース朝開祖となるアブー・アル=アッバースである。

参考文献[編集]