アット・ヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アット・ヴァンス
At Vance
基本情報
別名 センターズ
Centers
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ラインラント=プファルツ州
マインツ
ジャンル メロディックスピードメタル
ネオクラシカルメタル
パワーメタル
活動期間 1998年 -
レーベル Shark Records
AFMレコード
公式サイト www.at-vance.com
メンバー
リック・アルティ (ヴォーカル)
オーラフ・レンク (ギターキーボード)
ウルフマン・ブラック (ベース)
アレックス・ランデンブルグ (ドラム)
旧メンバー
オリヴァー・ハートマン (ヴォーカル)
マッツ・レヴィン (ヴォーカル)
Reinald König (ギター)
Jochen Schnur (ベース)
Sascha Feldmann (ベース)
John ABC Smith (ベース)
Manuel Walther (ベース)
マーク・クロス (ドラムス)
Spoony (ドラムス)
Jürgen Lucas (ドラムス)
Uli Müller (キーボード)

アット・ヴァンスAt Vance)は、ドイツメロディックスピードメタル及びネオクラシカルメタルバンド。リーダーはギタリストのオーラフ・レンク

概要[編集]

かつてオーラフが中心となって活動していたプログレッシブ・メタルのプロジェクト、センターズを母体とし、この時ギタリストとして活動していたオリヴァー・ハートマンボーカリストとして迎える。2枚のアルバムを出すも、活動休止状態となってしまう。

しかしその後、センターズはバンド形態として復活。名をアット・ヴァンスと改め、活動開始。

結成以来ボーカリストは盟友であるオリヴァー・ハートマンが務めてきたが、5th『ジ・イーヴル・イン・ユー』からは元イングヴェイ・マルムスティーンマッツ・レヴィンに、7th『Ⅶ』からは元トレジャー・ランドリック・アルティにスイッチしている。

ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]