アッダー (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Adder (SS-3).jpg
艦歴
発注
起工 1900年10月3日
進水 1901年7月22日
就役 1903年1月12日
退役 1919年12月12日
その後 標的艦として海没処分
除籍
性能諸元
排水量 107トン
全長 64 ft (20 m)
全幅 12 ft (4 m)
吃水 11 ft (3 m)
機関
最大速 水上 8ノット (15 km/h)
水中 7ノット (13 km/h)
乗員 7名
兵装 18インチ魚雷発射管1門

アッダー (USS Adder, SS-3) は、アメリカ海軍潜水艦プランジャー級潜水艦の一隻。

艦歴[編集]

アッダーは1900年10月3日にニュージャージー州エリザベスクレセント造船所で起工した。1901年7月22日に命名、進水し、1903年1月12日にニューヨーク州ニューサフォークのホーランド・トーピードボート社でフランク・L・ピニー少尉の指揮下就役する。

ニューポートの海軍水雷ステーションでの最初の実験任務後、アッダーはノーフォーク海軍造船所タグボートのピオリアによって牽引され、1903年12月4日に到着した。1904年1月、アッダーは予備役水雷小艦隊に配属される。1909年7月26日に退役したアッダーは給炭艦シーザー (USS Caesar, AC-16) に搭載されフィリピンに運搬、1909年10月1日に到着した。

1910年2月10日に再就役したアッダーはアジア水雷艦隊、第1潜水分艦隊に配属される。ほぼ10年間をカヴィテおよびオロンガポを拠点として活動し、主に訓練と実験研究に従事した。この間の1911年11月17日にアッダーは A-2 へと改名された。

第一次世界大戦中に A-2 はマニラ湾の入り口、コレヒドール島の付近の偵察に従事した。A-2 は1919年12月12日に退役し、1920年7月17日に船体番号 SS-3 が指定され、1920年9月24日に標的艦に指定された。その後、1922年1月16日に除籍された。

外部リンク[編集]