アッタカター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッタカター (パーリ語: Atthakatha、説明あるいは注釈の意[1]) は上座部仏教パーリ語経典に対する注釈からなる文献であり、原始仏教において経典がどのように解釈されていたかを示す資料である。紀元前1世紀ごろ、経典と同時期に成立したシンハラ語による注釈集があり (現在は失われている)、これを元にパーリ語に翻案されたものがアッタカターであると見られている。アッタカターの内容の一部が上座部仏教以外の宗派の経典にも見られることも、元になった古い文献の存在を示唆している。

概要[編集]

上座部仏教の経典に対する注釈をまとめた文献は紀元4世紀ごろに成立し、以降も各地で編纂が続けられ、土地や時代で内容が変化していっており、それらは複数の版として捉えられる。もっとも内容が少なくコンパクトなのがタイ版 (1992年) で、以下の内容から成る[2]

ミャンマーのチャッタサンガヤナ (Chatthasangayana) 版およびサイモン・ヘワヴィタネ・ベケストによるシンハラ語版を見ると、上記に加えて以下が含まれている。

脚注[編集]

  1. ^ Rhys Davids & Stede (1921-25), pp. 24-25, entry for Attha defines aṭṭhakathā as "exposition of the sense, explanation, commentary...."
  2. ^ Skilling, Peter (2002). In Journal of the Pali Text Society, volume XXVII.
  3. ^ Thein Han, U (1981). In The Light of the Dhamma
  4. ^ Mori, Sodo, Y. Karunadasa & Toshiichi Endo (1994). Pali Atthakatha Correspondence Table. Oxford: Pali Text Society.
  5. ^ Pruitt, William & K.R. Norman (2001). The Patimokkha, Oxford, Pali Text Society
  6. ^ Crosby, Kate (2006). In Journal of the Pali Text Society, volume XXVIII.

参考文献[編集]

  • Hinüber, Oskar von (1996). Handbook of Pali Literature. Berlin: Walter de Gruyter. ISBN 3-11-014992-3.
  • Malalasekera, G.P. (1938). Dictionary of Pali Proper Names, volume II. London: John Murray for the Government of India. ISBN 0-8288-1721-9.
  • Norman, K.R. (1983). Pali Literature, Wiesbaden: Otto Harrassowitz.
  • Rhys Davids, T.W. & William Stede (eds.) (1921-5). The Pali Text Society’s Pali–English Dictionary. Chipstead: Pali Text Society. A general on-line search engine for the PED is available at http://dsal.uchicago.edu/dictionaries/pali/. Accessed 2007-05-09.
  • Thein Han, U (1981). In The Light of the Dhamma. Online at [1].

外部リンク[編集]